ホーム > 臨界実験装置

臨界実験装置

核燃料サイクルや放射性廃棄物に関する安全研究、基礎・基盤研究。

STACY更新炉(計画)

原子力施設等の放射線安全管理

 現在改造計画中のSTACY更新炉は、ウラン燃料棒と軽水減速材を用いるタンク形状の臨界実験装置であり、軽水炉の臨界安全性研究を目的としています。基本設計はTCAとほぼ同じで、TCAより多様な実験が可能な施設です。2011年2月より改造のための変更許可申請作業を行っています。

STACY

環境の放射線(能)管理

 現行のSTACYは、溶液燃料を用いるタンク形状の臨界実験装置であり、核燃料再処理施設や他の核燃料サイクル施設で取り扱われる溶液燃料に関する臨界安全性研究を目的とする臨界実験装置です。

TRACY

施設で働く作業者の被ばく管理

 TRACYは、再処理施設などで取り扱われる溶液燃料の臨界事故時過渡状態に関する研究を目的とするパルス型原子炉です。

TCA

放射線計測に係る品質保証

 TCAは、軽水炉の炉物理及び臨界安全性に関する研究に用いられる臨界実験装置です。

FCA

開発

 FCAは、我が国唯一の高速炉用臨界実験装置であり、高速炉の核特性の研究を目的とする施設です。

女性・若手技術者の活力

Vol.2 機械室設備の安全・安定のための管理が私の仕事です

金沢 優作 平成14年度採用

工務技術部 工務第1課 【NUCEF施設にて勤務】

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.