ホーム > 原子力施設を廃止措置する

原子力施設を廃止措置する

 使命を終えた施設及び老朽化した施設については、廃止措置を計画的に進めるとともに、機能の類似・重複する施設については、機能の集約・重点化を進め、不要となる施設の効率的かつ計画的な廃止措置をする。

原子力科学研究所における廃止措置の現状

原子力科学研究所における廃止措置の現状

 統合による合理化・効率化、資源投入の選択と集中を進めるため、機構は、使命を終えた施設及び老朽化した施設については、効率的な廃止措置を計画的に進めるとともに、機能の類似・重複する施設については、機能の集約・重点化を進め、不要となる施設を効率的かつ計画的に廃止する。

原子炉解体技術(JPDR)

原子炉解体技術(JPDR)

 JPDRの解体に当たり、いくつかの解体工法を選択してその技術開発が行われた。これらの技術は、JPDRの解体実地試験に実際に適用され、その有効性が確認された。

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.