ホーム > 放射性廃棄物の管理

放射性廃棄物の管理

発生した放射性廃棄物は、その性状・放射能レベル等に応じて分類をしたのち、放射性廃棄物処理施設において減容、安定化処理等を行い保管をしています。平成29年3月末現在の保管数量は、200ℓドラム缶換算で128,811本です。

放射性廃棄物の発生と分類区分

放射性廃棄物の発生と分類区分

廃棄物発生の原因、実例、分類・区分を紹介します。

放射性廃棄物の処理

放射性廃棄物の処理

放射性廃棄物の減容と安全な保管・処分のためのを紹介します。

放射性廃棄物の保管

放射性廃棄物の保管

保管体・廃棄体の種類、保管施設、保管数量を紹介します。

放射性廃棄物の処分

放射性廃棄物の処分

放射性廃棄物の処分について原子力科学研究所の活動を紹介します。

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.