ホーム > 大型研究施設の供用

大型研究施設の供用

原子力科学研究所には、原子力機構の研究開発での利用と調整して、一般の方々が有料で利用できる5つの大型研究施設があります。また、大強度陽子加速器施設(J-PARC)も原子力科学研究所内に設置されており、J-PARCセンターが運営しています。

利用可能な施設pageTop

研究用原子炉 JRR-3

研究用原子炉 JRR-3

放射化分析、生体 高分子結晶構造解析、残留応力測定、中性子ラジオグラフィ測定、即発ガンマ線分析など

研究用原子炉 JRR-4

研究用原子炉 JRR-4

医療照射(BNCT)、放射化分析、即発ガンマ線分析など

タンデム加速器

タンデム加速器

重イオンによる核物理、核化学、物性物理の研究など

燃料試験施設(RFEF)

燃料試験施設(RFEF)

燃料の照射後試験など

放射線標準施設(FRS)

放射線標準施設(FRS)

放射線測定器の校正試験、放射線量評価法の開発など

大強度陽子加速器施設(J-PARC)

大強度陽子加速器施設(J-PARC)

素粒子物理、原子核物理、物質科学、生命科学、原子力など幅広い分野の最先端研究

利用方法について

各施設の利用方法を知りたい方は、研究連携成果展開部のホームページでご確認ください。

放射線管理区域内作業の申請手続きpageTop

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.