ホーム > 原子力科学研究所について > 活動の方針

活動の方針

原子力機構の役割と原子力科学研究所を主な拠点とする活動

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、平成17年10月1日に日本原子力研究所と核燃料サイクル開発機構が統合し、新たにわが国の原子力研究開発を担う中核機関として発足いたしました。
その原子力機構の最大の研究開発拠点である東海研究開発センターは、原子力科学研究所と核燃料サイクル工学研究所の二つの研究所、および事務部門としての管理部で構成されています。

旧日本原子力研究所東海研究所を改組してできた原子力科学研究所は、研究用原子炉、加速器、放射性物質を安全に取り扱える施設など貴重な研究施設を有し、これらを有効に利用した研究を実施できる重要な研究開発拠点となっております。原子力科学研究所は、日本の原子力発祥の地である東海村に、世界をリードする研究開発拠点として新たな歴史を築いてまいります。
研究開発を進めるに当たりましては、国民の皆さんにご理解いただき、信頼いただけることが前提です。私どもは、日頃から安全確保の徹底を大前提とし、地域との共生や情報公開に積極的に努めていきます。

詳細は、原子力科学研究所のパンフレットをご覧ください。

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.