ホーム > 放射線の管理

放射線の管理

放射線の管理、放射線及び放射能の管理に必要とされる測定技術等の開発を行っています。

原子力施設等の放射線安全管理

原子力施設等の放射線安全管理

試験研究用原子炉、核燃料物質取扱施設、放射性同位元素使用施設等の原子力施設に適用される法令を確実に遵守するため、各施設の放射線監視、放射線業務従事者の放射線安全の確保及び管理区域から搬出される物品の汚染検査を確実に実施しています。

環境の放射線(能)管理

環境の放射線(能)管理

原子力科学研究所の原子炉施設等の運転によって周辺住民が受ける放射線の被ばく線量が、法令で定められている限度を十分に下回っていることを確認するため、周辺環境の放射線測定、環境試料の放射能分析・測定及び気象観測を行っています。

施設で働く作業者の被ばく管理

施設で働く作業者の被ばく管理

原子力科学研究所では、放射線業務従事者の被ばく管理のため、個人線量計を用いた外部被ばく線量の測定と、全身カウンタ、バイオアッセイ、作業環境中の放射性物質濃度測定による内部被ばく線量の測定を行っています。また、測定された線量の結果は、適切に保存、管理され、本人への通知及び国等へ報告されます。

放射線計測に係る品質保証

放射線計測に係る品質保証

放射線測定器の信頼性確保に必要な校正施設を維持管理しています。また、放射線管理用の様々な試料の放射能の測定評価を行っています。

  • 前のページへ戻る
  • ページの先頭へ
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.