減損ウランの有効利用・長期管理


 「減損ウラン」とは、原子力発電に使われる濃縮ウラン(燃えるウラン235 の割合を高めたもの)を作ったあとに残ったウラン(ウラン235の割合が低くなったもの)のことを言います。「劣化ウラン」とも呼ばれます。
 人形峠センターでは減損ウランを六フッ化ウラン(UF6)の化学形態で安全に保管(貯蔵)しています。
 六フッ化ウラン(UF6)は、ウランとフッ素の化合物で、常温・大気圧では白色の固体ですが、空気中の水分と反応してフッ化水素(毒物)を発生させることから、シリンダという鋼鉄製の保管容器で厳重に管理しています。
 このため人形峠センターでは、平成30年度から有効利用や、より安全な措置として安定化等に係る研究に取り組んでいます。
 具体的には、減損ウランを再濃縮して原子力発電所の燃料とすることの可能性や、フッ素を工業材料として利用する可能性について検討しています。また、安定な形態の酸化物等の化合物へ転換するための研究にも取り組んでいます。


ウラン濃縮原型プラント第2貯蔵庫におけるシリンダ保管状況