トピックス


 人形峠環境技術センターの業務は研究開発ばかりではありません。地域の皆さまとの触れ合いやボランティア活動など、従業員が一体となって進めています。そのような活動の一端をご紹介いたします。



令和元年5月18日
人形峠センター従業員約60名でボランティア清掃を実施致しました。日頃通勤で使用している道路を中心にゴミ拾いをしました。今後も定期的に清掃を実施し、人形峠周辺の環境美化に努めて参ります。
    



平成31年1月9日〜11日
鏡野中学校3年生を対象に放射線の出前授業を行いました。放射線の正しい知識を身に着けてもらえるよう説明・測定実習を実施致しました。
 



平成30年12月22日
人形峠周辺の小学生を対象に、旧展示館において科学実験教室を開催しました。当日は、14名の小学生にご参加を頂き、放射線の説明や「夜も光るバッジ」の作成を行いました。
   



平成30年11月22日
核燃料施設加工施設(原子力事業者防災業務計画)に基づく総合訓練を開催しました。当日は、ウラン濃縮原型プラントにおいて、震度5弱と6弱の地震により、原災法事象が複数発生したことを想定した総合訓練を行いました。
 



平成30年11月21日
鏡野町区長会ご一行様52名様に人形峠環境技術センターの施設見学をしていただきました。
 



平成30年11月10日〜11日
倉敷科学センターで開催された「科学の祭典」に出展しました。当日は、たくさんの小中学生に参加いただき、「夜も光るバッジ」の作成を致しました。