将来の高速炉のための研究開発

高速炉の検査・補修技術の開発~電磁超音波探傷(EMAT)による検査技術~

 ナトリウム冷却高速炉の、原子炉容器の溶接部に生じた欠陥を早期に発見するための検査技術の開発を行いました。

概略位置を推定できた

磁束密度を実験とシミュレーションで確認し、最適な磁石構造を求めます。

下矢印 試験体で検査します

試験体表面をEMATで検査しました。

下矢印

EMATを連続走査させながら試験体の探傷結果を3D表示させました。欠陥を視覚的に確認できました。

探傷結果(EMAT)について

探傷結果(EMAT)