将来の高速炉のための研究開発

高速炉の検査・補修技術の開発~渦電流探傷(ECT)による検査技術~

ナトリウム冷却高速炉の伝熱配管に生じた微小欠陥を早期に発見するための検査技術

 開発した3次元渦電流探傷シミュレーションコードにより、複雑な伝熱管形状を正確に模擬することができ、スーパーコンピュータによる高速な計算により、合理的に検出性の高いECTセンサを開発することが可能です。

プローブ通過時の伝熱管廻りの電磁場シミュレーション結果について

プローブ通過時の伝熱管廻りの電磁場シミュレーション結果

下矢印 概略位置を推定できた

開発したセンサマルチコイル型センサ

解析と試験を繰り返してセンサを開発

下矢印

開発したマルチコイル型センサにて、微小欠陥や疲労き裂の

検出に成功しました。

探傷結果(ECT)について

探傷結果(ECT)