敦賀廃止措置実証本部
日本語

敦賀廃止措置実証部門へようこそ

 2018年4月1日に「敦賀廃止措置実証部門」を新たに設置し、本格的に廃止措置へと移行する体制を整え、「もんじゅ」のみならず「ふげん」の廃止措置を、「心を一つに」して、一元的に進めて行くこととしました。
 「敦賀廃止措置実証本部」が、「ふげん」、「もんじゅ」の廃止措置プロジェクトの全体管理など、敦賀地区の廃止措置業務を統括し、「ふげん」と「もんじゅ」は、現場での作業に集中して取り組みます。
 「ふげん」および「もんじゅ」の現場においては、実証本部の廃止措置推進室、安全・品質保証室、事業管理部に対応させた組織体制として、廃止措置部、安全・品質保証部、管理課に再編し、一元的な業務管理を行うことで、実証本部と現場との連携を強化します。
 この新体制において、これまで原子力機構が培ってきた技術、経験に電力会社やメーカの技術力を融合させることで、保安活動を着実に行いつつ、廃止措置を計画的、効率的に進めます。