日本語

部門長挨拶

 日本原子力研究開発機構の敦賀廃止措置実証部門における事業に関し、平素より多大なご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 「敦賀廃止措置実証部門」は、プロジェクト管理、安全・品質保証活動等の統括機能を有する「敦賀廃止措置実証本部」、そして現場の廃止措置作業を行う「ふげん」と「もんじゅ」が一体となって、敦賀地区での廃止措置事業を進める組織です。

 「ふげん」につきましては、2003年3月に約25年間の運転を終了し、2006年11月に、原子力規制委員会に「新型転換炉原型炉施設廃止措置計画」を申請し、2008年2月に認可をいただきました。
 「ふげん」の廃止措置計画は4段階で構成され、2017年には減速材として使用していた重水の搬出や重水系・ヘリウム系のトリチウム除去などの作業を完遂し、その第1段階「重水系・ヘリウム系等の汚染の除去期間」を完了しました。また、その作業と並行して原子炉冷却系統施設・計測制御系統施設等の解体としてタービン建屋内での解体撤去を中心に作業を進め、2017年度までにタービン建屋の主要機器の解体撤去を完了しました。
 2018年度から第2段階「原子炉周辺設備解体撤去期間」に移行し、原子炉格納容器内での原子炉冷却系等の解体撤去作業に着手するとともに、解体撤去物の物流ルートの整備や次の「原子炉本体解体撤去期間」に向けた諸準備を進めているところです。

 「もんじゅ」につきましては、2016年12月の原子力関係閣僚会議にて示された「もんじゅの取扱いに関する政府方針」を受け、当機構は2017年6月に、「もんじゅの廃止措置に関する基本的な計画」を策定し「もんじゅ」の廃止措置への移行を決定しました。同年12月には、原子力規制委員会に「高速増殖原型炉もんじゅ原子炉施設廃止措置計画」を申請し、2018年3月に認可をいただきました。
 「もんじゅ」の廃止措置計画は4段階で構成され、2018年8月に燃料体取出し作業を開始し第1段階「燃料体取出し期間」に着手しました。2020年6月までの燃料体取出し作業によって廃止措置への移行決定時に炉心及び炉外燃料貯蔵槽にあった計530体の燃料体のうち260体を燃料池へ移送しました。引き続き、残りの270体の移送につきましても安全を最優先に作業を進め、2022年12月までの第1段階の完了を目指してまいります。

 当機構がこれらの事業を進めるためには、国民の皆様、特に地元の皆様からの信頼が何よりも重要と認識しており、安全最優先に廃止措置作業を進めてまいります。また、この敦賀地区が廃止措置の実証拠点となって地元産業の発展に繋がるように、着実に事業を推進していく所存です。
 今後とも、皆様のご理解、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 








先頭に戻る