原子力機構HOME > 発表・お知らせ > 報告会・シンポジウム > 第18回 原子力機構報告会 水素社会の実現に向けて

第18回 原子力機構報告会
水素社会の実現に向けて ~水素が作るクリーンでサステナブルな未来社会~

令和5年11月15日(水)に第18回 原子力機構報告会「水素社会の実現に向けて ~水素が作るクリーンでサステナブルな未来社会~」を開催いたしました。

ライブ配信

第18回原子力機構報告会 ライブ配信のアーカイブはこちらからご覧ください。

プログラム

最終更新日:令和5年11月10日
13:30 ~

基調講演

○「ニュークリア×リニューアブル」で拓く新しい未来
原子力機構が歩む道
~脱炭素社会構築に向けて原子力を如何に活用するか~
13:50 ~

特別講演

○水素社会の実現に向けて
~水素エネルギーへの期待・将来性~
  • 国立大学法人東京工業大学 科学技術創成研究院
    ゼロカーボンエネルギー研究所 所長/教授 加藤 之貴 氏
14:35 ~

休憩

15:15 ~

報告1

○水素社会への貢献を目指して
~固有の安全性を兼ね備えた高温ガス炉が拓く脱炭素社会~

報告2

○放射性廃棄物を資源に変える技術革新
~サステナブルな原子力利用への鍵~
  • 原子力科学研究部門 原子力科学研究所
    原子力基礎工学研究センター 研究主幹 菅原 隆徳
16:30

閉会挨拶

  • 副理事長 板倉 康洋

オンライン展示

会場にて展示した「成果展示パネル」をご覧いただけます。

リーフレット

  • 第18回 原子力機構報告会リーフレット
  • 第18回 原子力機構報告会リーフレット

第18回 原子力機構報告会リーフレット(PDF:1.9MB)

お問合せ先

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
広報部広報課
TEL:029-282-0749
E-mail:jaea-houkokukai-info@jaea.go.jp