原子力機構HOME > 企業の方へ > 調達・入札情報 > グリーン購入法への対応

企業の方へ

企業の研究者の方にご活用いただける研究施設についての情報のほか、
調達・入札情報などを取り揃えております。

平成28年度における環境物品等の調達実績の概要

国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、平成28年度における環境物品等の調達実績の概要を取りまとめたので公表する。

1.調達実績の概要

(1)特定調達品目の調達状況
①目標達成状況等
別紙「平成28年度特定調達品目調達実績取りまとめ表」(以下「実績表」という。)のとおりである。
②調達目標を達成できなかった場合の理由等
別紙「実績表」のとおりである。
③判断の基準より高い基準を満足する物品等の調達状況
別紙「実績表」のとおりである。
(2)特定調達物品等以外の環境物品等の調達状況
別紙「実績表」のとおりである。
(3)その他の物品、役務の調達に当たっての環境配慮の実績
別紙「実績表」のとおりである。
(4)当該年度調達実績に関する評価
 特定調達物品につき判断基準を満たす物品等を優先して購入するよう努めた結果、可能な限り環境負荷の少ない物品等を調達することができた。しかし、一部の物品等では適用基準に当てはまらない品目の調達があった。主な理由としては、仕様に基づき必要とされる性能基準を満たす物品等を優先したこと、また、調達コストにおいて適用基準品と比較して廉価なものを選択したことが挙げられる。
 平成29年度は、これらの状況を踏まえ、より一層判断基準を満たす物品等の購入に努めることとする。