主要業務

福島第一原発の廃止措置等に向けた研究開発

高レベル放射線物質を安全に取り扱える試験施設やこれまで培ってきた技術を駆使して、福島第一原子力発電所(1F)の廃止措置等に向けた研究開発に取り組んでいます。高レベル放射線物質を安全に取り扱える試験施設やこれまで培ってきた技術を駆使して、福島第一原子力発電所(1F)の廃止措置等に向けた研究開発に取り組んでいます。

軽水炉の安全性向上等に向けた照射試験技術開発

材料試験炉(JMTR)は、「原子炉のための原子炉」といわれ、軽水炉の高度化や安全性向上を目的とした照射試験のほかに、高温ガス炉や核融合研究開発等の科学技術の向上、核医学検査薬及びRIの製造に係る産業利用の拡大等の他に、福島支援研究開発にも活用されています。
材料試験炉(JMTR)は、「原子炉のための原子炉」といわれ、軽水炉の高度化や安全性向上を目的とした照射試験のほかに、高温ガス炉や核融合研究開発等の科学技術の向上、核医学検査薬及びRIの製造に係る産業利用の拡大等の他に、福島支援研究開発にも活用されています。
なお、施設中長期計画(平成29年4月)により廃止する施設に分類され、今後は計画的に廃止措置を進めてまいります。

高温ガス炉とこれによる熱利用技術の研究開発

高温ガス炉は、原子炉から非常に高い熱を取り出すためにヘリウムガスを利用しています。ヘリウムガスはとでも安定した物質で、他の影響を受けにくく、約1000℃という高温の熱エネルギーを取り出すことができます。この高い熱エネルギーを利用し、発電をするだけでなく、二酸化炭素(CO2)を排出せずに水素をつくることができます。この方法は、環境にやさしく、次世代のエネルギーとして期待されています。
高温ガス炉は、原子炉から非常に高い熱を取り出すためにヘリウムガスを利用しています。ヘリウムガスはとでも安定した物質で、他の影響を受けにくく、約1000℃という高温の熱エネルギーを取り出すことができます。この高い熱エネルギーを利用し、発電をするだけでなく、二酸化炭素(CO2)を排出せずに水素をつくることができます。この方法は、環境にやさしく、次世代のエネルギーとして期待されています。

高速炉サイクル技術に関する研究開発

長期的エネルギー安全保障・地球環境問題に対応するため、高速炉を中心とする核燃料サイクルの確立に向けた技術開発に取り組んでいます。また、これまで蓄積した試験技術と経験を活用して、放射性廃棄物を減らすための研究開発も進めています。長期的エネルギー安全保障・地球環境問題に対応するため、高速炉を中心とする核燃料サイクルの確立に向けた技術開発に取り組んでいます。また、これまで蓄積した試験技術と経験を活用して、放射性廃棄物を減らすための研究開発も進めています。

廃止措置・放射性処理処分に係る技術開発

大洗研究開発センターの廃棄物管理施設では、原子炉の運転や核燃料物質の使用によって発生する放射性廃棄物の処理を行い、容器に封入又は固型化して安全に管理しています。また、使命を終えた原子力施設については、放射性廃棄物発生量の低減やコスト削減など合理化を図りつつ、廃止措置を行っています。大洗研究開発センターの廃棄物管理施設では、原子炉の運転や核燃料物質の使用によって発生する放射性廃棄物の処理を行い、容器に封入又は固型化して安全に管理しています。また、使命を終えた原子力施設については、放射性廃棄物発生量の低減やコスト削減など合理化を図りつつ、廃止措置を行っています。

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.