所長挨拶

大洗研究開発センター所長 武田 誠一郎
大洗研究開発センター所長
武田 誠一郎

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センターは、茨城県大洗町の地で業務を開始して以来、約50年にわたる長い歴史と研究実績を有しています。当センターは、新型原子炉に関する技術開発を一貫して行ってきた、我が国唯一のユニークな研究所であり、国内はもとより国際的にも新型炉研究の中核拠点として知られています。

このために、仕様の異なる3種の試験研究炉(材料試験炉JMTR、高温工学試験研究炉HTTR、高速実験炉「常陽」)と関連研究施設において、エネルギー基本計画等の国の政策の下で、軽水炉の高度化や安全向上、高速炉の開発と原型炉「もんじゅ」の技術支援、高温ガス炉とこれによる熱利用技術の研究開発等を実施しています。また、熱中性子炉(JMTR)及び高速中性子炉(常陽)という多様な中性子照射場を広く大学や産業界に利用していただき、我が国の学術や産業の振興にも貢献しています。

さらに、これらの研究施設や研究実績に基づいて福島技術支援、国内外の人材育成への貢献も行っています。具体的には、研究開発の実施は当センターの施設や技術を活用して、原子力機構の6事業部門のうちの2つの事業部門(原子力科学研究部門、高速炉研究開発部門)の下で行っています。業務の実施に当たっては、研究施設の安全を最優先に掲げ、地域の皆様との共生を図りつつ、当センターのミッションを果たすべく最先端を目指した研究開発に果敢に挑戦してまいりますので、今後ともご指導ご支援のほどお願い申し上げます。

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.