核燃料サイクル工学研究所について

基盤技術研究開発部

使用済燃料の再処理によって発生する高レベル放射性廃棄物は、その性質や放射能のレベルに応じ、安全かつ合理的に処理、処分を行う必要があります。このため、基盤技術研究開発部では、下記の技術開発を行っております。

  • 地層処分に関する事業や安全規制の技術基盤の整備
  • 高レベル放射性廃棄物の地層処分研究開発について、深地層の研究施設と連携しつつ、地層処分基盤研究施設(エントリー)や地層処分放射化学研究施設(クオリティ)等を活用して、処分事業や安全規制を支える技術基盤(設計・評価に活用する評価モデルやデータベース等)の整備を進めています。
    また、これらの技術基盤も活用しながら、TRU廃棄物の地層処分や、使用済燃料の直接処分についても、研究開発を進めています。
  • 核燃料サイクル工学研究所の廃棄物等を対象とした合理的処理・処分方策確立に向けた技術開発
  • 処分後の安全評価も評価しつつ、合理的かつ一貫性のある処理・処分の確立を目指します。当研究所で保有する廃棄物等の廃棄体化技術の開発として、焼却灰等に対するセメント材料や、新規固型化剤による固化技術や固化体評価等の研究開発を行っています。また、福島事故に対する技術貢献として、廃棄物の処理・廃棄体化に関する技術検討を実施しています。

地層処分基盤研究施設(ENTRY)

地層処分基盤研究施設(ENTRY)は、原子力機構の地層処分研究を通じて得られる成果を集約し、地層処分の技術基盤を確立していく役割を持つ施設です。放射性物質を用いずに地下深部の環境を模擬した様々な試験を行うことができるとともに、これらの試験によって得られたデータに基づいて数万年後の変化をコンピューターで予測できる設備等を備えています。

地層処分基盤研究施設(ENTRY)
地層処分基盤研究施設(ENTRY)

地層処分放射化学研究施設(QUALITY)

地層処分放射化学研究施設(QUALITY)は、地下深部の環境を模擬した条件における放射性物質の化学特性や移行挙動に関する基礎データ等を取得するための施設です。この施設で得られるデータは、放射性廃棄物処分の実施主体が処分事業を推進し、国が安全規制を進める上で役立てられます。

この施設は、地下数100メートルより深い地層中で想定される酸素の少ない化学的な環境条件を実現できる雰囲気制御グローブボックス設備を備えるとともに、ごくわずかな放射性物質が付着した岩石や放射性物質が溶け込んだ溶液等を観察し、分析するための高性能の分析機器を設置しています。

このような施設は世界的に見ても例が少なく、本施設は国内外の研究機関との協力において重要な役割を果たしております。

地層処分放射化学研究施設(QUALITY)
地層処分放射化学研究施設(QUALITY)