核燃料サイクル工学研究所について

核燃料サイクル工学研究所の紹介

再処理技術開発センター

使用済燃料からウランやプルトニウムを分離、回収する再処理技術の開発に取り組んでいます。

プルトニウム燃料技術開発センター

再処理技術開発センターなどで回収されたプルトニウムを使い、高速炉で用いるプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料に係る技術開発などに取り組んでいます。

環境技術開発センター

東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所の廃止措置等に向けた研究開発、高レベル放射性廃棄物および低レベル放射性廃棄物の処理・処分に係る技術開発に取り組んでいます。

保安管理部

自主保安の強化推進のために組織された部署です。事故発生時の措置対応や防災計画の立案、労働安全衛生活動の推進、品質保証活動の推進等、危機管理、保安及び品質保証に関する支援機能を提供します。

放射線管理部

施設からの排気・排水、地域の農作物や土などの放射能の測定、原子力施設内で働く人の放射線安全の確保のための指導、また環境中における放射能の測定や挙動に関する研究、線量計測技術の開発などを行っています。

工務技術部

工務技術部では、所内各施設へのユーティリティ供給、施設の営繕、所内情報通信ネットワークの運用管理等を行っています。

リスクコミュニケーション活動

地域にお住まいの皆様とのさらなる相互理解に向けた活動です。