核燃料サイクル工学研究所について

廃止措置技術部

原子力施設の運転、解体などによって発生する低レベル放射性廃棄物は、その性質や放射能のレベルに応じ、安全かつ合理的に処理を行う必要があります。このため、廃止措置技術部では、下記の技術開発を行っております。

  • 低レベル放射性廃棄物をその特徴に応じて適切に処理、処分するために必要な開発

J棟

J棟は、ウラン濃縮技術開発に使用した六ふっ化ウランの詰替え、ウラン濃縮機器の解体、除染に関する技術開発及びウラン系廃棄物の処理に関する技術開発を行う施設です。ウラン廃棄物の処理技術開発としては、高温の水蒸気を用いて有機物を分解する水蒸気改質処理試験装置を設置し難処理有機廃棄物の処理に係る試験などを実施しています。

J棟
J棟

M棟

M棟は、核燃料サイクル工学研究所で発生するウランで汚染した固体廃棄物のうち、金属廃棄物と使用済排気フィルタの減容処理を行う施設です。
ドラム缶やビニル梱包物で運び込まれた廃棄物を分別し、金属の廃棄物を圧縮して容積を減らす作業、フィルタを分解して燃える物と燃えない物に分別し、燃えない物を圧縮する作業などを行っています

M棟
M棟

東海固体廃棄物廃棄体化施設(TWTF)

東海固体廃棄物廃棄体化施設(TWTF)は、再処理施設、プルトニウム燃料施設等から発生する 「固体の低レベル放射性廃棄物(放射線量の高い一部の廃棄物を除く)」を対象とした処理施設です。
TWTFは、可燃物及び難燃物を焼却減容処理する焼却設備、廃棄体を製作する不燃物処理設備及び処分場 へ搬出するまでの廃棄体を保管する廃棄体保管設備から構成されます。
現在、焼却設備の建設を先行して進めるため、焼却設備の設計を実施しています。

焼却設備(イメージ案)
焼却設備(イメージ案)

廃棄物の流れ
廃棄物の流れ