縄間 赤崎 阿曽 越前厨 ふげん西 ふげん北
グラフ面をクリックすると過去の経時変化をご覧になれます。
測定ポイント名をクリックすると各ポイントの経時変化をご覧になれます。











空間線量率測定
 放射線の量(線量)は,測定地点の土質及び積雪等の影響により異なるため,地域により多少変わります。

平常値の変動幅
 平常値の範囲は,過去平均値(福井県内全ての地点の過去3年間(2018年度〜2020年度)の積雪期を除く3ヶ月平均線量率)の標準偏差の平均を求め,その標準偏差の3倍±過去平均値を平常の範囲とします。ただし,自然放射線の変動,測定器の変動などで,この平均的な標準偏差を上回る固有の変動幅がある地点については,地点ごとに求めた標準偏差とします(福井県環境放射能測定技術会議「原子力発電所周辺の環境放射能調査報告計画書 1999年度」から)。

放射線の単位〔nGy/h〕
 ナノグレイ毎時と呼びます。放射線を受けた空気が吸収した1時間当たりのエネルギー量を表します。ナノグレイ毎時[nGy/h]はグレイ毎時[Gy/h]の10億分の1(ナノ)を表します。