施設供用の手引き
 
ホーム > 照射後試験施設 >  照射燃料集合体試験施設(FMF)
施設供用制度の概要
「常陽」等における施設供用
「常陽」等供用施設の利用料金
「常陽」等利用申込書
照射利用の流れ(材料照射の例)
「常陽」の概要
「常陽」MK-III炉心性能
照射装置
照射後試験施設
照射試料の流れ
照射燃料集合体試験施設(FMF)
照射材料試験施設(AGF)
照射材料試験施設(MMF)
アクセスマップ・お問合せ
サイトマップ
 
申込書ダウンロード
 
照射燃料集合体試験施設(FMF)
 
 FMFは、「常陽」に隣接しており、地上4階地下2階延べ床面積14,500m2の大型照射後試験施設です。
 燃料集合体の非破壊試験、燃料ピンの非破壊試験及び破壊試験を行います。
 さらに詳細な試験は、試料調整後、AGFやMMFに運搬して実施します。
 試験項目は以下のとおりです。
 
FMF照射後試験項目
・集合体外観検査
・集合体ナトリウム洗浄
・集合体寸法測定
・集合体解体
・集合体部材切断
・ピン重量測定
・ピン詳細外観検査
・渦電流探傷試験
・ピン寸法測定
・ピン(ラッパ管)γスキャン
・ピンパンクチャ
・ピン切断
・X線ラジオグラフィ
特殊燃料集合体再組立
・MARICO再組立
X線CT検査
・光学顕微鏡観察
EPMA分析
SEM観察
・試料運搬
 
照射装置の再組立
 
試験片入りバスケット装荷状況    試料再装荷型MARICOの概略図
 
X線CT検査
 
撮影原理
 
撮影原理
   炉心燃料集合体の断面像
 
炉心燃料集合体の断面像
 
組織観察と表面分析
 
EPMA装置
 
EPMA装置
   EPMA分析結果例(SUS316)
 
EPMA分析結果例(SUS316)
 
SEM装置
 
SEM装置
   SEM観察結果例(材料クリープ破断面)
 
SEM観察結果例
(材料クリープ破断面)