原子力機構敦賀事業本部トップページへ


page top

本部長挨拶

本部長顔写真
  • 板倉 康洋
  • 国立研究開発法人
  • 日本原子力研究開発機構
  • 副理事長
  • 兼:敦賀事業本部長

日本原子力研究開発機構の敦賀における事業推進に関し、平素より多大なご理解とご支援を賜り誠にありがとうございます。

私ども機構では、「敦賀事業本部」、「敦賀廃止措置実証部門」及び「敦賀総合研究開発センター」を敦賀市に置き、地域との共生を図りながら、事業に取り組んでおります。

新型転換炉原型炉ふげんについては、安全第一に施設の解体作業を進めており、現在、原子炉周辺設備のうち原子炉建屋にある機器等の解体作業を進めているところです。また、令和5年度からの使用済燃料の搬出に向けて、輸送容器の準備はじめ各種手続き等を進めております。

高速増殖原型炉もんじゅについては、我が国で最初のナトリウム冷却高速炉の廃止措置プロジェクトとして燃料体取出しとその搬出に向けた対応、令和10年度からのナトリウム搬出準備を安全第一に進めております。

「敦賀総合研究開発センター」では、「ふくいスマートデコミッショニング技術実証拠点(通称:スマデコ)」を活用した廃止措置の技術実証、高速炉やレーザーの研究開発、人材育成・産学官連携などによる福井県が進める嶺南Eコースト計画への参画を進めております。

「もんじゅ」敷地内に設置する新たな試験研究炉については、福井県を始めとする地元の皆様、関係機関等と連携しながら、概念設計と運営の在り方の検討を進めてまいります。

これからも職員一人一人が主体的に「現場力」の向上を図り、成果の発信に努めながら、安全の確保を最優先に一丸となって事業を進めてまいります。

今後とも、皆様のご理解、ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

令和4年4月