原子力情報ポータル

原子力や放射線についての最新情報などがご覧いただけます。

JAEAチャンネル

研究開発成果を、解りやすく解説する「Project JAEA」を配信しています。
その他、原子力機構の研究開発成果、事業活動の様子を、動画で紹介しています。
※所属等は撮影当時のものです。

New

Project JAEA「99番元素アインスタイニウムが拓く重元素核科学」


今回の主人公は、99番元素アインスタイニウムです。
アインスタイニウムは有名な物理学者であるアインシュタインから名付けられ、原子特性や物理特性がほとんど分かっていません。
研究用原子炉中での材料照射によって、重さわずか1マイクログラム程度が生成され、物理および化学実験で、現在、人類が利用できる最も重い元素です。

原子力機構は、独自にごく微量の試料でも物理・化学の分析が可能となる研究手法を開発し、アメリカから特別にアインスタイニウムの供給を受けました。
今回共有されたアインスタイニウム254は半減期が276日と短いため、このチャンスを最大限に活かす実験を行っています。

参考部門・拠点:先端基礎研究センター

重元素核科学の研究については、こちらもご覧ください。
99番元素 アインスタイニウムを用いたユニークな実験
Project JAEA「新元素ニホニウムの合成に貢献 重元素核科学研究の世界」
Project JAEA「103番元素(Lr)が解く 周期表のパズル ~あの周期表が書き換わる?~」
Project JAEA「宇宙の錬金術」

Project JAEA「新元素ニホニウムの合成に貢献 重元素核科学研究の世界」


2016年11月30日、新元素である113番元素にニホニウムの元素名が正式に認められました。
日本の研究によって成し遂げられた、初めての成果です。
元素は宇宙にある全ての物質を構成する、基本的な成分です。
新しい元素の発見は、科学の更なる発展につながると考えられます。

ニホニウムは理化学研究所を中心とした日本の研究チームによって発見されました。
そして、この発見には原子力機構の原子核の理論研究も貢献しています。
今回はニホニウムを含めた超重元素の世界について解説します。

参考部門・拠点:先端基礎研究センター

重元素核科学の研究については、こちらもご覧ください。
99番元素 アインスタイニウムを用いたユニークな実験
Project JAEA「103番元素(Lr)が解く 周期表のパズル ~あの周期表が書き換わる?~」
Project JAEA「宇宙の錬金術」

Project JAEA「遠隔技術の未来を創る-楢葉遠隔技術開発センターが目指すもの-」


自分たちで開発したロボットを手に、全国の高専生たちが集まってきたのは1Fから南におよそ20キロにある楢葉遠隔技術開発センターです。
「第1回廃炉創造ロボコン」が開催されたこのセンターでは、廃止措置に必要な遠隔操作技術の開発を行うために、様々なシミュレーションや実証実験を行う設備が設けられています。

様々な実験エリアは、廃炉のみならず、大学や研究機関・企業の遠隔操作機器の実験など、広く一般にも開放され、新しい技術開発や次世代の研究者のスタート地点となることが期待されています。

参考部門・拠点:楢葉遠隔技術開発センター
        施設利用を希望される方はこちらから

(動画内容のテキスト版)

これまでにご紹介した「Project JAEA」

福島の里山を取り戻すために~森林からの放射性セシウムの移行を抑制する新技術~

青森研究開発センター 〜むつ地区〜

FNAA 「福島原子力事故関連情報アーカイブ」

糖尿病とともに生きる人々に一筋の”光”~針を刺さずに採血不要 手のひらサイズの「非侵襲血糖値センサー」の開発~

103番元素(Lr)が解く 周期表のパズル ~あの周期表が書き換わる?~

新しい放射性廃液処理技術 ~エマルションフロー法でのウラン除去~

廃止措置のフロントランナー ~人形峠環境技術センター~

HTTRで行われている研究開発~水素製造や高効率発電ができる安全な原子炉の実用化に向けて~

海水中のリチウム資源回収技術の確立 -ゼロエミッションのリチウム工場を目指して―

ふげんの廃止措置の現状と福島への応用

世界標準被ばく線量評価データベースの開発について

深地層研究の現状 瑞浪超深地層研究所

生まれかわる「もんじゅ」-もんじゅ改革レポート- フルバージョン

生まれかわる「もんじゅ」-もんじゅ改革レポート-(1/2) 改革計画

生まれかわる「もんじゅ」-もんじゅ改革レポート-(2/2) インタビュー

世界最大のパルス中性子ビーム強度を達成

深地層研究の現状 -幌延深地層研究センター-

原子力機構の核不拡散・核セキュリティの取組み -その一例としての核鑑識技術の開発とCTBTに関する国際貢献-

宇宙の錬金術

ITER遠隔実験センターについて

福島モニタリングの総括

水中の放射性セシウム除去用カートリッジを製品化

イオンビーム育種技術を用いた新しい吟醸用清酒酵母

プラスチックシンチレーションファイバーによる放射線モニタリング

無人ヘリによる放射線モニタリング

Mo-99製造技術開発の現状

放射線によるDNA損傷の解明に向けて

リアルタイム線量管理でもっと安全に

「夢の顕微鏡」開発の軌跡

放射性廃棄物も分別で効率化