Englishサイトマップ原子力機構トップページ

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

地層処分技術に関する研究開発

 研究内容と試験設備(2)

地層処分基盤研究施設研究内容と試験設備(1)/研究内容と試験設備(2)/研究内容と試験設備(3)
性能の解析と評価

人工バリアの性能を調べる

人工バリアのはたらき人工バリアの寿命、健全性などの性能は、高レベル放射性廃棄物中の放射性物質の閉じ込めに非常に重要なので、これを明らかにする必要があります。

人工バリアの寿命、健全性などを調べる試験

地下深部は、空気(酸素)がないため還元性の環境と考えられます。この環境で人工バリアと地下水が接触するとさまざまな現象が起こります。この試験設備では、酸素・二酸化炭素の濃度などを制御し、深い地下深部と同様の還元性の環境を作りだし、地下水と人工バリア(金属材料、粘土材など)との化学反応を調べます。

化学平衡反応試験設備(EDAS)

化学平衡反応試験設備
(EDAS)

«前のページへ 次のページへ»

»研究開発の拠点・施設・設備へもどる