日本原子力研究開発機構

安全研究・防災支援部門
原子力緊急時支援・研修センター

トップ > 活動 > 応急対策・訓練 > 原子力防災訓練

訓練

支援・研修センターにおける訓練

支援・研修センターでは、様々な原子力災害等を想定した防災訓練を実施し、万が一の原子力災害等に備えています。その訓練の一例を以下に示します。

原子力防災訓練への参加

原子力機構は原子力災害時等に災害対策基本法等で求められる指定公共機関としての役割である人的・技術的支援を行うことが要求されていることから、国、地方自治体などによる原子力防災訓練に参加し、技術的な支援を行なっています。

平成28年度においては、国の原子力総合防災訓練(平成28年11月:北海道)の企画及び訓練に参画し、指定公共機関としての支援活動を実践し、防災訓練の実施に貢献しました。

支援・研修センター(茨城)での対応についての写真
支援・研修センター(茨城)での対応

緊急時モニタリングセンターでの技術的支援についての写真
緊急時モニタリングセンター(EMC)での技術的支援

道の駅スペースアップルよいちでの避難退域時検査についての写真
道の駅スペースアップルよいちでの避難退域時検査

さらに、以下の地方公共団体の原子力防災訓練の企画及び訓練に参画し、緊急時モニタリングセンター(EMC)の活動及び避難退域時検査の運営方法の助言等を通じて立地地域の特性を踏まえた活動の流れを検証する等、地方公共団体が行う原子力防災基盤の強化の取り組みを支援するとともに、実効性のある防災対策の構築に貢献しました。

実施年月日 訓練名称
平成28年8月27日(土) 平成28年度高浜地域における内閣府・3府県(福井県、京都府、滋賀県)及び関西広域連合)合同原子力防災訓練
平成28年8月28日(日) 大飯地域における原子力防災訓練(平成28年度福井県原子力防災訓練)
平成28年11月20日(日) 平成28年度富山県原子力防災訓練
平成29年2月9日(木) 平成28年度静岡県原子力防災訓練

平成27年度以前の原子力防災訓練参加については、「過去の原子力防災訓練への参加について」をご参照下さい。

ページのトップへ戻る