色変更

情報公開

天塩川への排水量

地下施設工事に伴い発生する排水は、事前にボーリング孔から採取した地下水の水質分析においてほう素やアンモニアが比較的高い値で検出されており、掘削する坑道から出てくる地下水にもこれらの成分が多く含まれている可能性があります。このため排水処理(濁水処理、脱ほう素処理、脱窒素処理)を適切に行った後に天塩川に放流しております。
なお、排水量の測定は、地下施設建設地内に建設した揚水設備において測定しています。

また、流量試験のため一定時間に一定流量を流下させ、流量測定を実施しています。

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.