原子力機構HOME > 発表・お知らせ > 機構の動き(ニュースボックス) > 「1校に1枚核図表」を! 原子核の世界観を届けたい

発表・お知らせ

研究開発成果をお知らせするプレスリリースやニュース、原子力機構週報の他、
皆様にご参加いただけるイベントのご案内など最新情報を網羅しています。

「1校に1枚核図表」を! 原子核の世界観を届けたい
クラウドファンディングへのチャレンジを開始しました

2020年1月30日から3月26日まで、原子核の世界地図である「核図表」を全国の高校等に配布するためのクラウドファンディングに挑戦しています。

「1校に1枚核図表」を! 原子核の世界観を届けたい|クラウドファンディングへのチャレンジを開始しました

「陽子」と「中性子」からなる原子核は、その組み合わせによっていろいろな種類が存在します。私たちの身のまわりに自然に存在する原子核は300種類弱ですが、人工的に作られる原子核は約3000種類を超えます。

原子核の最新研究データは世界中の研究機関で共有されています。そして、それらのデータを抽出して並べたものが「核図表」です。原子力機構ではこれまで約40年のあいだ、世界中の最新データを取り込みながら、核図表を継続的に作成・改定し、国内外の関係研究者に提供してきました。

今回のチャレンジでは、下記2つの大きな目標のもと、専門家向けの核図表を、高校生・一般向けにも展開することで、原子核の世界の奥深さを広く伝えていくことを目指しています。

  1. 核図表を日本の高校へ配布し、「1校に1枚核図表」を実現する
  2. 核図表を用いた「宇宙の錬金術」「ニホニウム」講演など、高校での出張講演を実施する

核図表を通して原子核の性質の統一的理解を目指した研究を進めるためにも、高校生のみなさんや一般の方々の理解は非常に重要であると考えています。

是非、プロジェクトページをご覧ください。

プロジェクトページ:「1校に1枚核図表」を! 原子核の世界観を届けたい