日本原子力研究開発機構

安全研究・防災支援部門
原子力緊急時支援・研修センター

トップ > 体制 > 緊急時体制

緊急時体制

支援・研修センターは、オフサイトセンターに対し、原子力災害時の技術的支援活動を実施します。このため緊急時には、オフサイトセンターに組織される「原子力災害合同対策協議会」に対し、

を行います。また、防災活動を効果的に進めるため、

などを行います。

また、特殊資機材を用いた以下のような活動を行います。

支援・研修センターには、緊急時に事故情報を評価・解析するためのシステム、オフサイトセンターなどの関係機関と情報をやりとりするシステム、住民の方からの技術的な問い合せに対応するシステム、報道内容の確認を行うシステムなどが整備されています。また、関係自治体に、モニタリングの専門家を派遣し、モニタリング計画の立案、外部被ばく・内部被ばくの測定と評価、放射性物質濃度測定を行います。

緊急時対応体制の図

ページのトップへ戻る