部門長挨拶

安全研究・防災支援部門は、原子力機構の中長期目標における「原子力安全規制行政等への技術的支援及びそのための安全研究」を実施する組織です。

本組織の使命は、東京電力福島第一原子力発電所事故の教訓等を踏まえ、「規制行政に対する技術支援組織(TSO*)として、価値ある科学的・技術的知見を創出し、原子力安全の継続的改善と原子力防災の実効性向上に寄与する」ことであり、「中立性及び透明性を確保して原子力安全規制、原子力防災・緊急時対応等に係る社会のニーズに専門家として応え、原子力の安全な利用に貢献し社会から信頼される組織を目指す」というビジョンの下、日々研究開発業務を行っています。また、このような使命を達成するために、次のような戦略(ストラテジー)を立てて、活動しております。

  • 重要度や時代のニーズを意識した課題対応研究と先進・先導的研究の双方を効率的かつ効果的に展開する
  • 社会への実装を目指して、質の高い研究成果を創出し、リスク情報等を活用したより合理性の高い安全確保・向上及び規制のための提案を積極的に行う
  • 魅力ある新たな研究の創出と実施を通して安全研究・防災支援分野における国内の人材育成及び技術基盤維持を図る

当部門ではこれまで、安全研究センター(NSRC*)では専門分野毎に研究者を集めたグループが各分野の重要課題に対する安全研究を実施し、原子力緊急時支援・研修センター(NEAT*)が原子力防災に係る実務的な支援を担当してきました。しかしながら、多くの事故が分野にまたがる盲点、想定外の事象から起きてしまっている過去の教訓を踏まえ、「安全に対する新たな脅威を見逃さず、抜けの無いように幅広い分野をカバーしながら安全研究を実施する」ことを目標に専門分野の枠を超えた横断的な課題に対応する部署も設置しています(組織図参照)。ここでは、安全の観点からの事象の重要度を示す指標となるリスク情報を活用し、重要度を踏まえた対応を可能にするための活動を強化しています。また、NSRCとNEATの連携を強め事故から緊急時対応までの準備を一貫して改善するための研究を強化しています。さらに、NEATでは緊急時の対応力を高めるため、住民の防護に直結した技術開発と人材育成のための新たな取組も開始しています。

こうした幅広い課題に対応するため、総勢100名あまりの職員を中心に、機構内外の多様な専門家の参加を得つつ、機構特有の施設も最大限に活用して研究を進めています。しかし、欧州等の外国におけるTSOと比べると、まだまだ現状の体制では不十分です。当部門では、職員、博士研究員などとして若手や中堅研究者を積極的に採用するとともに、国内外の研究機関、大学、原子力事業者などとも共同研究や連携講座など多様な枠組みを活用して、より多くの技術者が安全研究に携わる機会を設け、幅広い分野や立場から安全を支える人材を育成することにも注力しています。この中には原子力規制庁からの若手研究員も含まれます。

私たちは、託されている大きな使命を果たすべく、研究活動及び規制行政等への支援に邁進し、皆様からの信頼を獲得していきたいと考えております。

皆様のご理解、ご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

安全研究・防災支援部門 部門長
大井川 宏之

TSO:Technical Support Organization

NSRC:Nuclear Safety Research Center

NEAT:Nuclear Emergency Assistance and Training Center

page
top