深地層研究計画の状況

調査研究の状況

幌延深地層研究計画は、「地上からの調査研究段階(第1段階)」、「坑道掘削(地下施設建設)時の調査研究段階(第2段階)」、「地下施設での調査研究段階(第3段階)」の3つの段階に分けて進めることとしています。現在は、研究所用地やその周辺において、地下施設の建設、第2段階および第3段階の調査研究を行っています。
このページでは、調査研究の状況をご紹介します。

幌延深地層研究計画について

これまでにご紹介した調査研究の状況

令和3年10月の調査研究の状況

令和3年10月22日(金)更新

幌延地圏環境研究所との第27回研究交流会を開催

幌延深地層研究センターでは、幌延地圏環境研究所(H-RISE)との研究協力の一環として、研究成果に関する意見交換を目的とした研究交流会を平成16年度から開催しています。今年度は、10月7日(火)に、幌延深地層研究センター国際交流施設において、27回目となる研究交流会を開催しました(写真1)。
 また、研究連携の議論を活発にするために、交流会に先立ち、両機関の研究施設を相互に視察しました。
 交流会では、両機関の今後の研究計画および幌延の地下施設を利用したH-RISEの研究成果を紹介したのち、研究計画や今後の研究連携などに関して意見交換しました。

研究交流会の様子

写真1 研究交流会の様子

写真をクリックすると大きなサイズで写真をご覧いただけます。

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.