情報公開

お客様の声(ご来館、ご見学いただいた皆さんの声)

お客様とスタッフの会話
およびご協力いただいたアンケートから
ご質問とご意見をまとめました。

博士

令和4年6月 ご質問

お客様
お客様

悩ましい問題だがどこかで処理が必要となるんですね?

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

日本では、これまで50年以上にわたり原子力発電で電気を供給してきました。これまでの発電により、すでに高レベル放射性廃棄物が発生しています(2022年3月末時点でガラス固化体約26,000本相当)。この高レベル放射性廃棄物は、適切に処分する必要があります。
また、国際条約にて、放射性廃棄物は原則発生した国で処分されるべきとされています。

お客様
お客様

予約が必要な視察できる施設はゆめ地創館とは別なんですよね?

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

ゆめ地創館とは別に地下施設もご見学いただくことができますが、事前のお申込みが必要です。詳細は幌延深地層研究センターのホームページをご覧いただくか、当センターにお問合せください。

お客様
お客様

地下施設の見学についてはホームページにも載っていますか?

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

幌延深地層研究センターのホームページでは地下施設の見学に関するご案内もしています。
トップページの「施設見学について」からご確認ください。

お客様
お客様

地層処分は地質的に日本のどこでもできるの?

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

これまでの研究開発により、日本においても地層処分に適した場所が広く存在しており、 地層処分は可能であるとの見通しが得られています。(参考資料:核燃料サイクル開発機構(1999);「わが国における高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性-地層処分研究開発第2次取りまとめ-」)
実際の処分場の選定に当たっては、NUMOによる文献調査、概要調査、精密調査を通じて、火山や断層の周辺、地盤の隆起・侵食などの影響が大きいと考えられる場所、また、鉱物資源のある場所などは避けることとされています。
なお、2011年の東日本大震災の後、国の審議会において、地層処分の妥当性が地球科学の新しい知見に基づいて検討され、地層処分に好ましい地質環境およびその長期安定性が確保できる場所が日本国内において選定可能な見通しがあることが、改めて確認されました。

お客様
お客様

実際の地下施設ではどういった研究をしているんですか?

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

令和2年度以降は、以下の3つの課題に取り組んでいます。
①実際の地質環境における人工バリアの適用性確認
②処分概念オプションの実証
③地殻変動に対する堆積岩の緩衝能力の検証
このうち、①では、実物大の人工バリア(緩衝材、模擬オーバーパック)を用いて、人工バリアとその周辺の岩盤に生じる変化について計測などを行っています。②では、実際の処分場を埋め戻す際に必要となる技術の開発などを行っています。また、③では、地殻変動が地層の透水性に与える影響を評価する手法の開発などを行っています。

お客様
お客様

じゃあその原子力の会社(日本原子力研究開発機構)は民間なんですか?

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

原子力機構は、民間の法人ではありません。独立行政法人通則法および国立研究開発法人日本原子力研究開発機構法の定めにより設立された法人です。

お客様
お客様

(ゆめ地創館について)できたの20年前ぐらいですよね?

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

ゆめ地創館は2007年6月30日に開館しました。

令和4年6月 ご意見・ご感想

お客様
お客様

そもそも原子力を使った電力のあり方が問題。
まだまだ処分場を決まっていない中ゴミを増やし続けてきたことが問題だと感じます。

お客様
お客様

先の不透明な状況の中での研究ごくろう様です。

お客様
お客様

もっと全国の人にこの研究している施設があることを知らせてほしい。知ることは大切だと思った。調査研究自体素人には難しいと思う。ありがとうございました。

お客様
お客様

地層処分の必要性が理解できた。2町以外にも立地に前向きな自治体が出てくるよう理解活動を広める事が必要と感じる。

お客様
お客様

子供にも興味持ってもらえそうな展示の仕方をしていて、とてもいいなと思いました。親しみやすい感じになっててよかったです。

お客様
お客様

火山国、地震国である日本で地層処分を行うのは、余りにもリスクがあるのではないかという思いがある

お客様
お客様

研究は必要と思い、今後もぜひ続けてください。

お客様
お客様

色んな可能性が考えられるが技術もふくめ地層処分が適していると感じる。人間が生きていくために出たものの処理と考えると凄いと思うし尊敬しています。

幌延深地層研究センター
幌延深地層研究センター

ご意見・ご感想ありがとうございました。

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.