Logo

原子力平和利用と核セキュリティに係る国際フォーラム
−福島原子力事故の教訓をソウル核セキュリティサミットでの議論につなげるために−
の開催について

開催趣旨

日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、核不拡散政策に関する一般社会への理解促進と国際貢献を目的として、毎年、原子力平和利用と核不拡散にかかわる国際フォーラムを開催し、その時々の今日的な課題に焦点を当てて講演やパネルディスカッションを行い、原子力平和利用と核不拡散の両立に係る種々の課題や方策について国内外の理解を深めるとともに、我が国及び原子力機構の核不拡散への取り組みを紹介しています。

現在の核不拡散と原子力平和利用を巡る課題の一つは、東京電力株式会社福島原子力発電所事故(福島原子力事故)に起因する日本における原子力安全の確保と核セキュリティ対策の強化です。特に核セキュリティについて、2010年4月ワシントンで開催された核セキュリティサミットでは、核物質や原子力施設の管理体制の強化や、今後4年以内の国際的管理体制の確立等を内容とするコミュニケ及び作業計画が採択されたところであり、核セキュリティ対策に係る今後の日本を含む各国の具体的アクションには世界が注目しています。

以上の状況を踏まえて、平成23年度の国際フォーラムは、「原子力平和利用と核セキュリティに係る国際フォーラム−福島原子力事故の教訓をソウル核セキュリティサミットでの議論につなげるために−」と題して開催し、福島原子力事故を契機に、米国等より示された原子力発電所の核テロに対する核セキュリティ強化などについて議論した後、継続的で健全な原子力の平和利用の発展を実現する観点から、原子力安全と核セキュリティ対策の総合的アプローチ等について議論し、2012年の韓国ソウルにおける核セキュリティサミットに繋げることを目指します。

実施概要

開催日時:
平成23年12月8日(木) 10:00〜17:00、12月9日(金) 9:30〜12:00
開催場所:
ベルサール飯田橋ファースト ホールA(東京都文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワーB1)
http://www.bellesalle.co.jp/bs_iidabashikita/access.html
主催:
(独)日本原子力研究開発機構
東京大学グローバルCOE
(財)日本国際問題研究所
入場料:
無料(事前申込制)
言語:
日本語・英語(日英同時通訳有り)

レセプション

フォーラム初日終了後に、講演者及びパネリスト等をお迎えして、会費制のレセプション(立食)を開催致します。

会場
ベルサール飯田橋ファースト ROOM(B1)
会費
4,000円

プログラム

※プログラムの一部、講演者及びパネル討論参加者については変更となる可能性があります事、ご了承願います。

平成23年12月8日(木) 10:00〜17:00

基調講演及び特別講演 10:00〜12:30

冒頭挨拶
鈴木 篤之 日本原子力研究開発機構理事長
基調講演
「福島原発事故から見えた原発のセキュリティと安全性」
末松 義規 内閣総理大臣補佐官(東日本大震災復興対策、少子化対策及び自殺対策担当)
「福島原子力事故の評価と教訓」
ドゥニ フローリィ 国際原子力機関(IAEA)原子力安全・セキュリティ局事務次長
特別講演
「核セキュリティと安全のインターフェースへの統合的アプローチ-NRCの視点」
マーク ダパス 米国原子力規制委員会(NRC)核セキュリティ・事故対応局副局長
「欧州連合における原子力安全と核セキュリティ」
ディディエ アース 欧州委員会/共同研究センター(EC/JRC)総局長顧問
「2012ソウル核セキュリティサミットの展望」
ハン ジョンヒ 韓国外交通商省2012核セキュリティサミット・サブシェルパ

パネル討論1 14:00〜17:00
「原子力施設における核セキュリティ」

モデレータ
  • 内藤 香 核物質管理センター専務理事
パネリスト
  • マーク ダパス 米国原子力規制委員会(NRC)核セキュリティ・事故対応局副局長
  • ドゥニ フローリィ 国際原子力機関(IAEA)原子力安全・セキュリティ局事務次長
  • ディディエ アース 欧州委員会/共同研究センター(EC/JRC)総局長顧問
  • ハン ジョンヒ 韓国外交通商省2012核セキュリティサミット・サブシェルパ
  • 持地 敏郎 日本原子力研究開発機構 核物質管理科学技術推進部長
  • 中込 良廣 原子力安全基盤機構(JNES)理事長
  • 上坂 充 東京大学大学院工学系研究科原子力専攻教授
論点
  • 核セキュリティ対策の指針としてのIAEA基本文書・勧告文書と国内対応
    • 「核セキュリティ確保に対する基本的考え方」を進めるために
  • 核セキュリティの観点からの福島原子力事故の教訓と課題
    • 核セキュリティ対策上明らかになった脆弱性
    • 緊急時における核セキュリティ対策
  • 原子力施設の核セキュリティ対策のあり方
    • 重大事故を引き起こす可能性のある核セキュリティ上のリスク評価
    • 核セキュリティ対応における国と事業者の責任と役割

レセプション 17:30〜19:00

於:ベルサール飯田橋ファースト ROOM(B1)

平成23年12月9日(金) 9:30〜12:00

パネル討論2 9:30〜12:00
「原子力安全と核セキュリティ対策の総合的アプローチ」

モデレータ
  • ジョー シャン チョイ カリフォルニア大学バークレー校バークレー原子力研究所副所長
パネリスト
  • 遠藤 哲也 日本国際問題研究所「新しい核の秩序構想タスクフォース」座長
  • コイルール フダ インドネシア原子力規制庁副長官
  • ジョン ボングン 韓国外務・国家セキュリティ機構核不拡散センター部長
  • 久野 祐輔 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻教授(委嘱) / 日本原子力研究開発機構 核物質管理科学技術推進部次長
  • ケネス ルオンゴ 米国核不拡散・核セキュリティ関係シンクタンク Partnership for Global Security プレジデント
  • 千崎 雅生 日本原子力研究開発機構 核不拡散・核セキュリティ総合支援センター長
  • ティムール ジャンチキン カザフスタン原子力委員会議長
論点
  • 原子力安全と核セキュリティ、核セキュリティと核不拡散(保障措置や計量管理も含む)のインターフェースとシナジー効果
  • 新興の原子力利用国における原子力安全、核セキュリティ及び核不拡散への取り組み。その一つとしての国際及び地域協力の有効性
  • 2010年4月の核セキュリティサミットの論点と結果レビューとその後の各国の取り組み
  • 2012年ソウル核セキュリティサミットに向けたメッセージ

閉会挨拶

高橋 浩之 東京大学大学院工学系研究科教授
遠藤 哲也 日本国際問題研究所シニアフェロー