国立研究開発法人日本原子力研究開発機構|採用情報

令和2年度 日本原子力研究開発機構博士研究員の募集について

21世紀の科学技術を飛躍的に発展させるために、科学技術のフロンティアを拓くような創造性に富み、発想の豊かな意欲にあふれる若手研究者を募集します。当機構では、国際的に活躍できる能力を有する人材の確保・育成に努めておりますが、特に女性研究者の採用を積極的に進めており、女性研究者の方の応募をお待ちしております。
なお、採用後に優秀な研究業績を挙げられた方については、定年制職員任用の道があります。

募集要項

1. 募集人員

15名程度

2. 制度の内容

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(以下「機構」と呼びます。)は、原子力の基礎的研究及び応用の研究並びに核燃料サイクル技術の確立に向けた研究開発を推進するため、独創性に富んだ若手研究者を募集し、若手研究者が自発的かつ主体的に研究ができる環境を提供します。
採用された若手研究者は、機構の各種施設を可能な限り活用でき、受入研究グループの研究者から研究遂行上の必要な助言・支援を受けることができます。

3. 研究分野

計算科学、先端基礎研究、原子力基盤技術、安全研究、中性子科学、放射光科学、高速増殖炉開発及びそれに関連する核燃料サイクル技術開発並びに、高レベル放射性廃棄物処分研究開発等

複数のテーマへ応募する場合、第1希望及び第2希望のテーマを選択の上、申込書に記入して提出して下さい。

4. 応募資格

応募分野に係る博士号を取得しており、研究を自主的に遂行する意志のある方。ただし、契約開始日時点で博士号を取得しており、かつ博士号の取得が平成24(2012)年4月1日以降である方に限る。
また、当機構博士研究員に在籍履歴のある者は応募不可とする。

5. 勤務条件

【契約期間】

(1) 期間は令和2年4月1日から令和3年3月31日までとします。ただし、1年度毎に所要の評価を行い、2回まで契約更新可能です。(最大で令和5年3月31日まで))

(2) 機構で任期制の身分で既に採用されている場合、任期は通算して最長5年間となります。

(3) 採用後、顕著な業績を挙げた方については、所要の審査を経た後に、定年制職員へ任用する場合があります。

【待遇等】 報酬:年額480万円(40万円/月。社会保険料及び税込み)。通勤手当、住居手当は別に支給。
勤務時間:専門業務型裁量労働制(1日7時間30分勤務したものとみなす。)
休日・休暇:週休2日制(土・日)、祝日、年末・年始休暇、年次有給休暇、特別休暇 等
各種保険:健康保険、厚生年金保険、企業年金基金、雇用保険、労災保険
宿舎:家族用宿舎、独身・単身寮等
試用期間: 試用期間あり(6か月)

6. 提出書類

(1) 当機構指定の申込書(PDFWORD

(2) 学部の学業成績証明書

(3) 学位記(写) 又は 博士号取得見込証明書

(4) 1名ないし2名からの推薦書 (任意様式)
※応募者の研究内容及び人物についてよく知る者に作成を依頼すること。また、当機構の者以外からの推薦とすること。
※1名は現職の所属長又は指導教官とすることが望ましい。
※以下いずれかの方法で提出をすること。
①厳封の上、応募者本人から提出。
②推薦者より直接下記提出先に郵送。
事前に応募者本人から人事担当宛てに推薦者名を連絡すること。
③推薦者より直接下記人事担当宛E-mailにて提出。事前に応募者本人から人事担当宛てに推薦者名及び推薦者のメールアドレスを連絡すること。
E-mailの場合は直筆署名入りの推薦状をPDFで添付し提出すること。

(5) 個人情報の取扱いに関する同意書 (PDFWORD
※EEA(欧州経済領域) 加盟国内(EU 加盟国、アイスランド、リヒテンシュタイン及びノルウェー)に在住の方に限ります。

7. 応募方法

【郵送の場合の提出先】 封筒に
応募書類:令和2年度博士研究員応募書類在中
推 薦 書:令和2年度博士研究員推薦書在中
と朱書きの上、下記の郵送先住所へ郵送してください。応募書類は返却いたしませんのでご了承下さい。

〒319-1184 茨城県那珂郡東海村大字舟石川765番地1
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
人事部 人事課
【E-mailの場合の提出先】 件名を
応募書類:令和2年度博士研究員応募(応募者氏名)
推 薦 書:令和2年度博士研究員推薦書(応募者氏名)
とし、すべての提出書類をPDFにて下記のメールアドレスへ送付してください。応募後1週間以内に受領確認の返信がない場合は、応募書類が届いていない可能性がありますので、問い合わせ先まで連絡をしてください。
提出書類不足等の不備がある場合や件名が無い場合など要件を欠く場合は、不受理扱いとします。

jinji-saiyo[at]jaea.go.jp  ([at]を@に置き換えてください。)

8. 応募締切

令和元年8月21日(水)17:00(日本時間)必着

9. 書類審査

提出された応募書類について審査の上、採用試験受験者を決定します。書類審査の結果はメールにて通知します。

10. 採用試験

(1) 研究業績評価(パワーポイント等を使用した口頭発表と質疑応答)

(2) 面接試験

11. 採用試験予定日

令和元年9月上旬から10月中旬(募集テーマにより異なります)

※試験の日程は、現在の予定であり、変更する場合があります。

12. 採用試験結果

令和元年11月上旬頃、文書にて通知予定です。

※若干名を補欠者合格者として登録し、欠員が生じた場合に上位者から順次採用を行うことがあります。

13. 契約開始日

原則として令和2年4月1日
応募時点で博士課程在籍中の者については、博士号取得見込時期に合わせて、令和2年4月1日から令和2年10月1日までの間で相談可。(博士号取得翌月の1日付採用とする。)

14. 旅費の支給

採用試験の際には、当機構の規定に基づき採用試験後に銀行振込等で旅費を支給します。(日本国内における交通費のみ支給します。)

15. 留意事項

(1) 採用内定された方には、別途健康診断書(身長、体重、視力、検尿、胸部X線撮影に係る内容が記載されたもので6カ月以内もの)を提出していただきます。

(2) E-mailで応募書類提出を行った方は、採用内定後、応募書類の原紙を提出していただきます。

(3) 日本国籍を有していない場合は、採用予定日までに日本国内における当機構で就労するために必要な在留資格を取得して下さい。

16. 問い合わせ先

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 人事部人事課 若山
TEL 029-282-9482 FAX 029-283-4701
Email jinji-saiyo[at]jaea.go.jp  ([at]を@に置き換えてください。)

※研究概要等、テーマ内容については各テーマ担当者に問い合わせ下さい。

17. 個人情報の取扱い

提出いただいた個人情報は採用選考のために利用します。採用が決定した方の個人情報については、引き続き採用後の雇用管理のために利用します。その他の方の個人情報は提出していただいてから1年を経過した時点で破棄します。

18. その他

研究開発の内容・期間及び勤務拠点等の情報は募集時点の内容であり、国の方針等により変更となる可能性があります。

PAGETOP↑