国立研究開発法人日本原子力研究開発機構|採用情報

平成30年度博士研究員募集テーマ一覧【計算機・情報】

No. 募集テーマ 所属名 受入拠点 担当者連絡先 研究概要 放射線
従事者区分
専門分野 備考
J3原子炉事故時の燃料挙動に関する実験的及び解析的研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

燃料安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
天谷 政樹
電話: 029-282-5028
E-mail:amaya.masaki@jaea.go.jp
軽水炉燃料を対象とした実験及び計算コード等を用いた解析を行うことにより、反応度事故や冷却材喪失事故等の条件下における燃料挙動に関するモデルの構築及び高度化を行う。具体的には、下記のいずれか、またはこれらに関連する研究を実施する。
・冷却材喪失事故時の被覆管変形及び燃料ペレット軸方向移動が燃料温度に及ぼす影響に関し、モデルの構築及び計算コード等を用いた評価
・事故時の燃料被覆管破損時のペレット放出挙動に関し、燃料挙動解析コード、溶融炉心-冷却材相互作用解析コード、等を用いた解析及びモデル改良
非従事者機械
材料
電気・電子
計測・分析
計算機・情報
物理
化学
 
J4原子炉機器の材料劣化評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

材料・水化学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
塙 悟史
電話: 029-282-5044
E-mail:hanawa.satoshi@jaea.go.jp
原子炉圧力容器等の原子炉機器を対象とした長期供用時の健全性については、常に最新の科学的知見を踏まえて継続的に確認する必要がある。本研究では、安全上重要な機器である原子炉圧力容器等について、微細組織分析、破壊靭性試験等を実施し、中性子照射や高温高圧水など原子炉特有の環境が材料劣化を及ぼす影響を調べるとともに、破壊力学手法による構造健全性評価手法の高度化を図る。従事者機械
材料
計測・分析
計算機・情報
 
J5自然現象による放射性廃棄物処分サイトにおける特性変化評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

環境影響評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
武田 聖司
電話: 029-282-6170
E-mail:takeda.seiji@jaea.go.jp
放射性廃棄物処分の安全評価では、火山活動、地震・断層活動、隆起・侵食などの自然現象の発生が処分サイトにおける地形・地質構造、水理などの特性に与える影響を評価する必要がある。本研究では、我が国おける自然現象に対する観測データ・既往知見等をベースに、事象発生の可能性や事象発生による処分サイトの地形・地質構造、水理や地球化学などの物理・化学的な特性変化の影響を評価するための手法を整備する。非従事者物理
化学
地球・環境
計算機・情報
建築・土木
計測・分析
 
J9原子力発電所のレベル3PRAに関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

放射線安全・防災研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
宗像 雅広
電話: 029-282-5815
E-mail:munakata.masahiro@jaea.go.jp
原子力発電所のレベル3PRAは、対象施設が有するリスクを周辺住民の健康影響や社会経済への影響の大きさとその発生の可能性を定量的に評価する手法であり、当グループでは確率論的環境影響評価コードOSCAARを開発している。本テーマでは、年間を通した気象条件や社会的な環境条件などの各種条件の違いが周辺住民に対する健康影響や地域の経済に及ぼす影響を確率論的手法によって評価する手法を検討する。非従事者物理
化学
数学
地球・環境
放射線
建築・土木
計算機・情報
 
J10原子炉事故時熱水力挙動の実験及び解析研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

熱水力安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
柴本 泰照
電話: 029-282-5263
E-mail:sibamoto.yasuteru@jaea.go.jp
シビアアクシデントを含む事故時の原子炉や格納容器における熱水力現象に関し、実験と解析を行う。実験研究では、高圧の原子炉模擬装置や、既設もしくは必要に応じて新たに製作する小型装置を用いて、二相流や伝熱現象を対象とし、工学解析並びに計測機器の整備を行う。さらに、得られたデータを活用し、CFDコードや原子炉安全解析コード(RELAP5,MELCOR等)に使用するための解析モデルの評価・改良を行う。具体的な研究対象については、申請者の希望に応じる。 非従事者機械
計測・分析
計算機・情報
 
J11原子力建屋や機器・配管の構造健全性評価法の高度化に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

構造健全性評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
李 銀生
電話: 029-282-6457
E-mail:li.yinsheng@jaea.go.jp
国内軽水炉の運転期間の長期化や従来の基準地震動を超える地震が発生したことを踏まえ、原子力施設建屋や機器・配管等を対象とした健全性評価法の高度化を進める。具体的には、下記のいずれか、またはこれに関連する研究を実施する。
・安全上重要な原子炉圧力容器や原子力配管等を対象に、数値解析や材料試験・破壊試験等を通じて、亀裂の進展や破壊を含めた欠陥評価手法、材料の高温特性や非線形特性を考慮した破壊評価手法の高度化に係る研究開発を実施する。
・原子力施設建屋や機器・配管等を対象に、耐震評価に関しては、評価対象モデルの3次元化や非線形特性の考慮等の評価手法の高度化に関する研究開発、または飛来物の衝突に対する影響評価手法の高度化等に係る研究開発を実施する。
非従事者建築・土木
機械
材料
応用物理
物理
計測・分析
計算機・情報
 
J12シビアアクシデントで生じる破損・溶融燃料の臨界評価・臨界管理に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

臨界安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
外池 幸太郎
電話: 029-284-3792
E-mail:tonoike.kotaro@jaea.go.jp
福島事故のようにシビアアクシデントで大量の燃料デブリ(破損・溶融燃料)が生じた場合、その冷却と臨界管理の両立が事故対応として重要である。しかし、燃料デブリの性状や冷却水流路等の管理・制御が難しく、未臨界を担保することに困難を伴い、再臨界リスクの評価が必要となる。このリスク評価の精度向上に資するため、本研究では、燃料デブリの臨界量、動特性パラメータ等を解析的に取得するとともに、この解析手法を検証するための臨界実験を検討する。従事者物理
計算機・情報
応用物理
その他
 
J13エキゾチック原子核の核物理研究原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

重元素核科学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
西尾 勝久
電話: 029-282-5454
E-mail:nishio.katsuhisa@jaea.go.jp
超重元素や不安定原子核領域に着目した核物理の実験もしくは理論研究を行う。安定同位体から離れた原子核に着目し、原子核の構造、反応、核分裂等における新現象と新原理の発見を目指す。このため、実験では原子力機構および日本国内外の加速器施設を利用し、未知領域の原子核や重原子核を合成する。理論では、大型計算機を活用し、核構造や核分裂に対するより根源的な理解を追求する。従事者物理
数学
放射線
応用物理
計測・分析
計算機・情報
その他
 
J23不溶性微粒子被ばくによる放射線影響の解明原子力科学研究部門
原子力基礎工学研究センター

放射線挙動解析研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
佐藤 達彦
電話: 029-282-5803
E-mail:sato.tatsuhiko@jaea.go.jp
大きな放射能を持つ不溶性微粒子状のセシウム(通称,セシウムボール)を吸入した場合,局所的に線量が高くなり通常の化学形態のセシウムによる内部被ばくとは影響が異なる可能性がある。そこで,本研究では,原子力機構が中心となって開発している粒子・重イオン輸送計算コードPHITSを用いてセシウムボールの内部被ばくによる物理的特徴を明らかにするとともに,実験的手法に基づいて,その物理的特徴が細胞集団応答などの放射線影響に与える影響の解明を目指す。従事者放射線
生物
計算機・情報
計測・分析
 
J37「ふげん」の実機材を活用した原子力施設の経年劣化及び保全技術に関する研究バックエンド研究開発部門
原子炉廃止措置研究開発センター

技術開発部 技術調査課
福井県敦賀市片野 好章
電話: 0770-26-1221
E-mail: katano.yoshiaki@jaea.go.jp
 原子力発電所の運転期間は、国の法律により約40年と定められ、国の審査を合格した原子力発電所については更に20年の延長が認められている。約25年の運転を終え廃止措置中のふげんの実機材を活用し、原子力施設のより長期の健全性の確保に資する経年劣化と保全技術に係る研究を実施する。具体的には原子力施設の運転中の耐食性、耐熱性、耐放射線性などに係る劣化事象について、ふげんのホットラボに導入した三次元アトムプローブ(3DAP、日本に数台のみ導入)、電子線後方散乱回折(EBSD) 、集束イオンビーム加工観察装置 (FIB) 、陽電子消滅測定装置などの最先端の分析機器と機械試験装置を用いた実機材の評価と、Phase Field法による微細組織の解析やABAQUS等による微視的な応力場の解析などのシミュレーション技術を駆使した機構論的な研究を推進する。本研究により経年劣化機構の解明と保全技術の改善を図り、原子力施設のより長期の健全性の向上に貢献する。従事者材料
計測・分析
物理
化学工学
計算機・情報
 
J39亀裂性岩盤の透水不均質性のモデル化に関わる研究開発バックエンド研究開発部門
東濃地科学センター

結晶質岩地質環境研究グループ
岐阜県瑞浪市尾上 博則
電話: 0572-66-2244
E-mail: onoe.hironori@jaea.go.jp
結晶質岩などの亀裂性岩盤には,周辺岩盤と比較して透水性の異なる断層や亀裂などが分布しており,それらは岩盤の水理特性の空間的な不均質性の要因となっている。わが国の亀裂性岩盤を対象として,様々な空間スケールの透水不均質性を数値モデルにより適切に考慮し,評価するための調査・モデル化・解析手法の高度化が研究開発の課題となっている。
 そのため,瑞浪超深地層研究所において得られる岩盤の水理特性データや地下水圧データといった調査データに基づく数値モデルの構築及びそのモデルを用いた数値解析などにより,地下数百mに位置する研究坑道周辺岩盤の透水不均質性を表現するためのモデル化・解析技術に関わる研究開発を行う。この研究開発に携わる博士研究員を募集する。
非従事者地球・環境
建築・土木
計算機・情報
 

PAGETOP↑