国立研究開発法人日本原子力研究開発機構|採用情報

平成30年度博士研究員募集テーマ一覧【化学工学】

No. 募集テーマ 所属名 受入拠点 担当者連絡先 研究概要 放射線
従事者区分
専門分野 備考
J2シビアアクシデント対策の有効性評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

シビアアクシデント評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
杉山 智之
電話: 029-282-5253
E-mail:ugiyama.tomoyuki@jaea.go.jp
シビアアクシデント対策の有効性評価技術の向上に向けて、モデル及び評価ツールの高度化を進める。具体的には、下記のいずれか、またはこれらに関連する研究を実施する。
・シビアアクシデント総合解析コードTHALES2/KICHEを用いた、福島第一原子力発電所事故等におけるソースターム評価に関する解析
・機構論的溶融炉心/冷却材相互作用解析コードJASMINEを用いた、格納容器内における溶融炉心の分裂/拡がり挙動及び冷却性の評価に関する解析
・CFDコードOpenFOAMを用いた、格納容器内または原子炉建屋内における水素の流動/燃焼挙動の評価に関する解析
非従事者物理
化学
機械
応用物理
化学工学
その他
 
J6再処理施設の重大事故時放射性物質移行挙動に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

サイクル安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
阿部 仁
電話: 028-282-6672
E-mail:abe.hitoshi@jaea.go.jp
再処理施設においても高レベル濃縮廃液沸騰乾固事故や有機溶媒火災事故等が重大事故として新たに定義され、事故影響や重大事故対策の有効性評価を行うための評価手法の整備が緊急の課題となっている。本研究では、事故時の発生形態と関係づけた放射性物質の放出・移行・閉じ込めに係るデータを実験的に取得するとともに、事象進展解析コードとして整備することを目的とする。非従事者化学
化学工学
 
J24原子炉格納容器における放射性物質挙動の研究原子力科学研究部門
原子力基礎工学研究センター

性能高度化技術開発グループ
茨城県東海村
(原科研)
逢坂 正彦
電話: 029-282-5922
E-mail:ohsaka.masahiko@jaea.go.jp
軽水炉シビアアクシデント時における原子炉格納容器での放射性物質の挙動把握は、環境へ放出される放射性物質の種類/量等の推定に不可欠である。本研究では、格納容器を模擬した体系において、主にエアロゾルの形状で存在する放射性物質の挙動を可視化し、壁等に沈着した放射性物質の性状を分析する実験を行う。さらに、熱流動及び化学挙動の解析コードを用いて放射性物質挙動の可視化結果や沈着物の性状分析結果を解析し、必要に応じ放射性物質の形成や沈着物の再蒸発/浮遊に係る要素実験・解析も行うなどして、様々な条件下(流体、水分、壁の表面状態等)における放射性物質の格納容器内での挙動を明らかにする。本研究はグループの研究員と連携して行う。従事者化学
物理
材料
化学工学
計測・分析
 
J25高レベル廃液からのマイナーアクチノイド分離プロセスの研究原子力科学研究部門
原子力基礎工学研究センター

群分離技術開発グループ
茨城県東海村
(原科研)
松村 達郎
電話: 029-282-6673
E-mail:tmatsumura.tatsuro@jaea.go.jp
高レベル廃液から長寿命放射性核種を分離し、短寿命核種あるいは安定核種に核変換する分離変換技術の研究を進めている。マイナーアクチノイド(MA)は長寿命かつ放射能毒性が高いことから分離の優先度が高い。本テーマでは、MAに選択性を有する新規抽出剤を適用した分離プロセスの研究開発において、分離プロセスの構築に取り組むとともに、この新規抽出剤のMA分離メカニズムの解明に関する研究を行う。実験は、MA試料あるいは模擬試料を用いてNUCEF等において実施する。
従事者化学
応用化学
化学工学
 
J37「ふげん」の実機材を活用した原子力施設の経年劣化及び保全技術に関する研究バックエンド研究開発部門
原子炉廃止措置研究開発センター

技術開発部 技術調査課
福井県敦賀市片野 好章
電話: 0770-26-1221
E-mail: katano.yoshiaki@jaea.go.jp
 原子力発電所の運転期間は、国の法律により約40年と定められ、国の審査を合格した原子力発電所については更に20年の延長が認められている。約25年の運転を終え廃止措置中のふげんの実機材を活用し、原子力施設のより長期の健全性の確保に資する経年劣化と保全技術に係る研究を実施する。具体的には原子力施設の運転中の耐食性、耐熱性、耐放射線性などに係る劣化事象について、ふげんのホットラボに導入した三次元アトムプローブ(3DAP、日本に数台のみ導入)、電子線後方散乱回折(EBSD) 、集束イオンビーム加工観察装置 (FIB) 、陽電子消滅測定装置などの最先端の分析機器と機械試験装置を用いた実機材の評価と、Phase Field法による微細組織の解析やABAQUS等による微視的な応力場の解析などのシミュレーション技術を駆使した機構論的な研究を推進する。本研究により経年劣化機構の解明と保全技術の改善を図り、原子力施設のより長期の健全性の向上に貢献する。従事者材料
計測・分析
物理
化学工学
計算機・情報
 
F1放射線環境での原子力材料の中長期健全評価に関する研究福島研究開発部門
福島研究開発拠点
廃炉国際共同研究センター

廃棄物処理処分ディビジョン
保管機器健全性評価グループ
茨城県東海村
(原科研)
本岡 隆文
電話: 029-282-5950
E-mail: motoka.takafumi@jaea.go.jp
放射線環境での原子力材料の中長期健全評価研究を行う。具体的には、高放射線といった福島第一原発廃炉での特殊環境を勘案した幅広い環境条件で、金属材料の浸漬試験・電気化学的試験等を行い腐食挙動に関する基礎テータを取得することで、廃炉において発生する可能性のある腐食現象の解明を行う。従事者機械
化学工学
応用化学
放射線
材料
 
F8Cs汚染土壌の減容法開発と機構解明原子力科学研究部門
物質科学研究センター

アクチノイド化学研究グループ
兵庫県佐用町塩飽 秀啓
電話:0791-58-2615
E-mail:shiwaku@spring8.or.jp
東京電力福島第一原子力発電所の事故により環境へ放出された放射性物質は、主に放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)であり、事故当初から環境中の土壌に取り込まれ、膨大な汚染土壌を発生させている。この膨大な汚染土壌の減容法開発研究は、汚染土壌の30年後の県外搬出に向け、経済性、環境負荷低減、被ばく低減などを見据え、非常に重要なテーマの一つとなっている。本研究では、環境中の主に農地土壌(粘土鉱物を多く含む、風化黒雲母等)に吸着した放射性セシウム吸着機構解明について、放射光(SPring-8)を用いて構造解析を行うとともに減容化法の開発を目指し、福島の環境回復に貢献する。従事者化学
物理
地球・環境
化学工学
計測・分析
 

PAGETOP↑