国立研究開発法人日本原子力研究開発機構|採用情報

平成30年度博士研究員募集テーマ一覧【建築・土木】

No. 募集テーマ 所属名 受入拠点 担当者連絡先 研究概要 放射線
従事者区分
専門分野 備考
J5自然現象による放射性廃棄物処分サイトにおける特性変化評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

環境影響評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
武田 聖司
電話: 029-282-6170
E-mail:takeda.seiji@jaea.go.jp
放射性廃棄物処分の安全評価では、火山活動、地震・断層活動、隆起・侵食などの自然現象の発生が処分サイトにおける地形・地質構造、水理などの特性に与える影響を評価する必要がある。本研究では、我が国おける自然現象に対する観測データ・既往知見等をベースに、事象発生の可能性や事象発生による処分サイトの地形・地質構造、水理や地球化学などの物理・化学的な特性変化の影響を評価するための手法を整備する。非従事者物理
化学
地球・環境
計算機・情報
建築・土木
計測・分析
 
J9原子力発電所のレベル3PRAに関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

放射線安全・防災研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
宗像 雅広
電話: 029-282-5815
E-mail:munakata.masahiro@jaea.go.jp
原子力発電所のレベル3PRAは、対象施設が有するリスクを周辺住民の健康影響や社会経済への影響の大きさとその発生の可能性を定量的に評価する手法であり、当グループでは確率論的環境影響評価コードOSCAARを開発している。本テーマでは、年間を通した気象条件や社会的な環境条件などの各種条件の違いが周辺住民に対する健康影響や地域の経済に及ぼす影響を確率論的手法によって評価する手法を検討する。非従事者物理
化学
数学
地球・環境
放射線
建築・土木
計算機・情報
 
J11原子力建屋や機器・配管の構造健全性評価法の高度化に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

構造健全性評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
李 銀生
電話: 029-282-6457
E-mail:li.yinsheng@jaea.go.jp
国内軽水炉の運転期間の長期化や従来の基準地震動を超える地震が発生したことを踏まえ、原子力施設建屋や機器・配管等を対象とした健全性評価法の高度化を進める。具体的には、下記のいずれか、またはこれに関連する研究を実施する。
・安全上重要な原子炉圧力容器や原子力配管等を対象に、数値解析や材料試験・破壊試験等を通じて、亀裂の進展や破壊を含めた欠陥評価手法、材料の高温特性や非線形特性を考慮した破壊評価手法の高度化に係る研究開発を実施する。
・原子力施設建屋や機器・配管等を対象に、耐震評価に関しては、評価対象モデルの3次元化や非線形特性の考慮等の評価手法の高度化に関する研究開発、または飛来物の衝突に対する影響評価手法の高度化等に係る研究開発を実施する。
非従事者建築・土木
機械
材料
応用物理
物理
計測・分析
計算機・情報
 
J38地質環境のモデル化・解析手法に関する研究バックエンド研究開発部門
幌延深地層研究センター

堆積岩地質環境研究グループ
北海道幌延町佐藤 稔紀
電話: 01632-5-2022
E-mail: sato.toshinori@jaea.go.jp
幌延深地層研究センターでは、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発の一環として深地層の科学的研究を実施している。モデル化・解析手法に関する研究開発としては以下について取り組んでいる。
1) 地質・地質構造、地下水流動、地下水の地球化学に関する過去から将来までの変遷モデルを作成し解析を行うことで主要な影響因子を抽出する。
2) 幌延深地層研究センターで得られる岩石試料や原位置試験データを用いて室内試験(力学試験・透水試験など)や数値解析を行い、岩盤力学的なアプローチにより、坑道近傍の掘削損傷領域や岩盤中の断層帯の透水性を予測するモデルを構築する。
情報公開 -研究計画と成果報告-
非従事者地球・環境
建築・土木
計測・分析
 
J39亀裂性岩盤の透水不均質性のモデル化に関わる研究開発バックエンド研究開発部門
東濃地科学センター

結晶質岩地質環境研究グループ
岐阜県瑞浪市尾上 博則
電話: 0572-66-2244
E-mail: onoe.hironori@jaea.go.jp
結晶質岩などの亀裂性岩盤には,周辺岩盤と比較して透水性の異なる断層や亀裂などが分布しており,それらは岩盤の水理特性の空間的な不均質性の要因となっている。わが国の亀裂性岩盤を対象として,様々な空間スケールの透水不均質性を数値モデルにより適切に考慮し,評価するための調査・モデル化・解析手法の高度化が研究開発の課題となっている。
 そのため,瑞浪超深地層研究所において得られる岩盤の水理特性データや地下水圧データといった調査データに基づく数値モデルの構築及びそのモデルを用いた数値解析などにより,地下数百mに位置する研究坑道周辺岩盤の透水不均質性を表現するためのモデル化・解析技術に関わる研究開発を行う。この研究開発に携わる博士研究員を募集する。
非従事者地球・環境
建築・土木
計算機・情報
 
J40亀裂性岩盤の水理特性調査に関わる研究開発バックエンド研究開発部門
東濃地科学センター

結晶質岩地質環境研究グループ
岐阜県瑞浪市竹内 竜史
電話: 0572-66-2244
E-mail: takeuchi.ryuji@jaea.go.jp
結晶質岩などの亀裂性岩盤には,周辺岩盤と比較して透水性の異なる断層や亀裂などが分布しており,それらは岩盤の水理特性の空間的な不均質性の要因となっている。わが国の亀裂性岩盤を対象として,様々な空間スケールの透水不均質性を数値モデルにより適切に考慮し,評価するための調査・モデル化・解析手法の高度化が研究開発の課題となっている。
 そのため,広域地下水流動研究,超深地層研究所計画での岩盤の水理特性データや地下水圧データといった原位置データの取得,ならびに取得データに基づく岩盤水理特性の評価などにより,結晶質岩における透水不均質性の評価に必要な原位置調査・評価手法に関わる研究開発を行う。この研究開発に携わる博士研究員を募集する。
非従事者地球・環境
建築・土木
 

PAGETOP↑