国立研究開発法人日本原子力研究開発機構|採用情報

平成30年度博士研究員募集テーマ一覧【電気・電子】

No. 募集テーマ 所属名 受入拠点 担当者連絡先 研究概要 放射線
従事者区分
専門分野 備考
J3原子炉事故時の燃料挙動に関する実験的及び解析的研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

燃料安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
天谷 政樹
電話: 029-282-5028
E-mail:amaya.masaki@jaea.go.jp
軽水炉燃料を対象とした実験及び計算コード等を用いた解析を行うことにより、反応度事故や冷却材喪失事故等の条件下における燃料挙動に関するモデルの構築及び高度化を行う。具体的には、下記のいずれか、またはこれらに関連する研究を実施する。
・冷却材喪失事故時の被覆管変形及び燃料ペレット軸方向移動が燃料温度に及ぼす影響に関し、モデルの構築及び計算コード等を用いた評価
・事故時の燃料被覆管破損時のペレット放出挙動に関し、燃料挙動解析コード、溶融炉心-冷却材相互作用解析コード、等を用いた解析及びモデル改良
非従事者機械
材料
電気・電子
計測・分析
計算機・情報
物理
化学
 
J20ナノ構造制御による原子力先端材料の研究開発原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

ナノスケール構造機能材料科学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
保田 諭
029-284-3504
E-mail:yasuda.satoshi@jaea.go.jp
多機能材料のナノ構造創製・新規物性の解明を行う。研究にあたっては、最先端のナノ構造制御研究を可能とする薄膜作製装置(MBE)、表面解析装置(STM)および電気化学分析装置などを駆使する。分離変換に不可欠な、液体金属中酸素センサの表面形態(化学結合状態、表面構造状態)の解明などに資する。従事者材料
電気・電子
応用化学
応用物理
 
J31J-PARCリニアックの性能向上に関する研究原子力科学研究部門
J-PARCセンター

加速器ディビジョン
加速器第一セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
小栗 英知
電話: 029-284-3132
E-mail:oguri.hidetomo@jaea.go.jp
J-PARC陽子加速器では最大出力1MWを目指してビーム増強をすすめており、リニアックはその入射器になる。ビーム出力を増加させるためにはビームロスを低減させること、また、安定に運転するためには構成機器の長寿命化、及び故障予知診断が必要不可欠である。本研究では、J-PARCリニアックでの性能向上を目的とし、ビームロスを評価・低減するための診断機器などの開発やシミュレーションによる評価や実験的検証、または安定性の向上を目的としてイオン源などの有寿命機器の長寿命化や故障予知システム開発に関する研究を行う。従事者物理
放射線
応用物理
電気・電子
計測・分析
 
J33超伝導検出器による超高位置分解能中性子マイクロスコープ装置の開発原子力科学研究部門
J-PARCセンター

物質・生命科学ディビジョン
共通技術開発セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
相澤 一也
電話: 029-284-3703
E-mail:aizawa.kazuya@jaea.go.jp
J-PARC物質・生命科学実験施設大強度パルス中性子源を活用した、これまでにない中性子位置検出原理を用いた高速読出、高空間分解能特性を有する検出器を開発し、波長分散走査型透過中性子顕微鏡システムを確立し、物質・生命科学応用研究を行う。従事者計測・分析
放射線
電気・電子
応用物理
物理
 

PAGETOP↑