国立研究開発法人日本原子力研究開発機構|採用情報

平成30年度博士研究員募集テーマ一覧【機械】

No. 募集テーマ 所属名 受入拠点 担当者連絡先 研究概要 放射線
従事者区分
専門分野 備考
J2シビアアクシデント対策の有効性評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

シビアアクシデント評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
杉山 智之
電話: 029-282-5253
E-mail:ugiyama.tomoyuki@jaea.go.jp
シビアアクシデント対策の有効性評価技術の向上に向けて、モデル及び評価ツールの高度化を進める。具体的には、下記のいずれか、またはこれらに関連する研究を実施する。
・シビアアクシデント総合解析コードTHALES2/KICHEを用いた、福島第一原子力発電所事故等におけるソースターム評価に関する解析
・機構論的溶融炉心/冷却材相互作用解析コードJASMINEを用いた、格納容器内における溶融炉心の分裂/拡がり挙動及び冷却性の評価に関する解析
・CFDコードOpenFOAMを用いた、格納容器内または原子炉建屋内における水素の流動/燃焼挙動の評価に関する解析
非従事者物理
化学
機械
応用物理
化学工学
その他
 
J3原子炉事故時の燃料挙動に関する実験的及び解析的研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

燃料安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
天谷 政樹
電話: 029-282-5028
E-mail:amaya.masaki@jaea.go.jp
軽水炉燃料を対象とした実験及び計算コード等を用いた解析を行うことにより、反応度事故や冷却材喪失事故等の条件下における燃料挙動に関するモデルの構築及び高度化を行う。具体的には、下記のいずれか、またはこれらに関連する研究を実施する。
・冷却材喪失事故時の被覆管変形及び燃料ペレット軸方向移動が燃料温度に及ぼす影響に関し、モデルの構築及び計算コード等を用いた評価
・事故時の燃料被覆管破損時のペレット放出挙動に関し、燃料挙動解析コード、溶融炉心-冷却材相互作用解析コード、等を用いた解析及びモデル改良
非従事者機械
材料
電気・電子
計測・分析
計算機・情報
物理
化学
 
J4原子炉機器の材料劣化評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

材料・水化学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
塙 悟史
電話: 029-282-5044
E-mail:hanawa.satoshi@jaea.go.jp
原子炉圧力容器等の原子炉機器を対象とした長期供用時の健全性については、常に最新の科学的知見を踏まえて継続的に確認する必要がある。本研究では、安全上重要な機器である原子炉圧力容器等について、微細組織分析、破壊靭性試験等を実施し、中性子照射や高温高圧水など原子炉特有の環境が材料劣化を及ぼす影響を調べるとともに、破壊力学手法による構造健全性評価手法の高度化を図る。従事者機械
材料
計測・分析
計算機・情報
 
J10原子炉事故時熱水力挙動の実験及び解析研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

熱水力安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
柴本 泰照
電話: 029-282-5263
E-mail:sibamoto.yasuteru@jaea.go.jp
シビアアクシデントを含む事故時の原子炉や格納容器における熱水力現象に関し、実験と解析を行う。実験研究では、高圧の原子炉模擬装置や、既設もしくは必要に応じて新たに製作する小型装置を用いて、二相流や伝熱現象を対象とし、工学解析並びに計測機器の整備を行う。さらに、得られたデータを活用し、CFDコードや原子炉安全解析コード(RELAP5,MELCOR等)に使用するための解析モデルの評価・改良を行う。具体的な研究対象については、申請者の希望に応じる。 非従事者機械
計測・分析
計算機・情報
 
J11原子力建屋や機器・配管の構造健全性評価法の高度化に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

構造健全性評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
李 銀生
電話: 029-282-6457
E-mail:li.yinsheng@jaea.go.jp
国内軽水炉の運転期間の長期化や従来の基準地震動を超える地震が発生したことを踏まえ、原子力施設建屋や機器・配管等を対象とした健全性評価法の高度化を進める。具体的には、下記のいずれか、またはこれに関連する研究を実施する。
・安全上重要な原子炉圧力容器や原子力配管等を対象に、数値解析や材料試験・破壊試験等を通じて、亀裂の進展や破壊を含めた欠陥評価手法、材料の高温特性や非線形特性を考慮した破壊評価手法の高度化に係る研究開発を実施する。
・原子力施設建屋や機器・配管等を対象に、耐震評価に関しては、評価対象モデルの3次元化や非線形特性の考慮等の評価手法の高度化に関する研究開発、または飛来物の衝突に対する影響評価手法の高度化等に係る研究開発を実施する。
非従事者建築・土木
機械
材料
応用物理
物理
計測・分析
計算機・情報
 
J26原子力構造材料の計算科学研究原子力科学研究部門
原子力基礎工学研究センター

照射材料工学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
都留 智仁
電話: 029-282-5198
E-mail:tsuru.tomohito@jaea.go.jp
原子力構造材料における放射線照射による材料欠陥の発展や変形挙動に対して、計算科学的アプローチにより微視的な欠陥挙動の解析からマクロな変形や破壊機構のメカニズムについて探求する。応募者には、第一原理計算や分子動力学法などの原子シミュレーションによる、材料の力学特性および熱力学特性に関する計算の経験を有し、方法論や対象を問わず新しい問題に積極的に取り組むことを期待する。非従事者機械
材料
 
J30飛行時間型中性子回折を利用した金属材料研究原子力科学研究部門
J-PARCセンター

物質・生命科学ディビジョン
中性子利用セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
ハルヨ ステファヌス
電話: 029-284-3266
E-mail:stefanus.harjo@j-parc.jp
J‐PARCセンターの物質・生命科学実験施設では、種々の工学材料の研究を行うことを目標とし、高分解能・高強度飛行時間型中性子回折装置(匠)が建設され運用中である。本テーマでは、匠を主として用いて、先端鉄鋼材料や先端軽金属材料の組織と力学特性及び機能特性との関係、加工熱処理中の組織変化と力学特性の関係を明らかにすることを目的とし、デジタル画像相関法と赤外線サーモグラフィの同時測定のその場中性子回折測定法を開発し、それを変形(室温・低温・高温)及び高温加工中に応用する。また、関連する研究項目についての研究支援も行う。従事者材料
機械
応用物理
物理
計測・分析
 
F1放射線環境での原子力材料の中長期健全評価に関する研究福島研究開発部門
福島研究開発拠点
廃炉国際共同研究センター

廃棄物処理処分ディビジョン
保管機器健全性評価グループ
茨城県東海村
(原科研)
本岡 隆文
電話: 029-282-5950
E-mail: motoka.takafumi@jaea.go.jp
放射線環境での原子力材料の中長期健全評価研究を行う。具体的には、高放射線といった福島第一原発廃炉での特殊環境を勘案した幅広い環境条件で、金属材料の浸漬試験・電気化学的試験等を行い腐食挙動に関する基礎テータを取得することで、廃炉において発生する可能性のある腐食現象の解明を行う。従事者機械
化学工学
応用化学
放射線
材料
 

PAGETOP↑