国立研究開発法人日本原子力研究開発機構|採用情報

平成30年度博士研究員募集テーマ一覧【物理】

No. 募集テーマ 所属名 受入拠点 担当者連絡先 研究概要 放射線
従事者区分
専門分野 備考
J2シビアアクシデント対策の有効性評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

シビアアクシデント評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
杉山 智之
電話: 029-282-5253
E-mail:ugiyama.tomoyuki@jaea.go.jp
シビアアクシデント対策の有効性評価技術の向上に向けて、モデル及び評価ツールの高度化を進める。具体的には、下記のいずれか、またはこれらに関連する研究を実施する。
・シビアアクシデント総合解析コードTHALES2/KICHEを用いた、福島第一原子力発電所事故等におけるソースターム評価に関する解析
・機構論的溶融炉心/冷却材相互作用解析コードJASMINEを用いた、格納容器内における溶融炉心の分裂/拡がり挙動及び冷却性の評価に関する解析
・CFDコードOpenFOAMを用いた、格納容器内または原子炉建屋内における水素の流動/燃焼挙動の評価に関する解析
非従事者物理
化学
機械
応用物理
化学工学
その他
 
J3原子炉事故時の燃料挙動に関する実験的及び解析的研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

燃料安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
天谷 政樹
電話: 029-282-5028
E-mail:amaya.masaki@jaea.go.jp
軽水炉燃料を対象とした実験及び計算コード等を用いた解析を行うことにより、反応度事故や冷却材喪失事故等の条件下における燃料挙動に関するモデルの構築及び高度化を行う。具体的には、下記のいずれか、またはこれらに関連する研究を実施する。
・冷却材喪失事故時の被覆管変形及び燃料ペレット軸方向移動が燃料温度に及ぼす影響に関し、モデルの構築及び計算コード等を用いた評価
・事故時の燃料被覆管破損時のペレット放出挙動に関し、燃料挙動解析コード、溶融炉心-冷却材相互作用解析コード、等を用いた解析及びモデル改良
非従事者機械
材料
電気・電子
計測・分析
計算機・情報
物理
化学
 
J5自然現象による放射性廃棄物処分サイトにおける特性変化評価に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

環境影響評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
武田 聖司
電話: 029-282-6170
E-mail:takeda.seiji@jaea.go.jp
放射性廃棄物処分の安全評価では、火山活動、地震・断層活動、隆起・侵食などの自然現象の発生が処分サイトにおける地形・地質構造、水理などの特性に与える影響を評価する必要がある。本研究では、我が国おける自然現象に対する観測データ・既往知見等をベースに、事象発生の可能性や事象発生による処分サイトの地形・地質構造、水理や地球化学などの物理・化学的な特性変化の影響を評価するための手法を整備する。非従事者物理
化学
地球・環境
計算機・情報
建築・土木
計測・分析
 
J7環境試料中の核物質含有粒子分析法の高度化に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

保障措置分析化学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
江坂 文孝
電話: 029-282-6165
E-mail:esaka.fumitaka@jaea.go.jp
世界各国の原子力施設で採取された環境試料中に含まれる極微量の核物質を分析することにより、その施設での原子力活動の内容を推定することが可能となる。本研究では、そのために必要な分析法の開発を行う。具体的には、直径1マイクロメートル程度の核物質含有粒子を対象として、電子顕微鏡、全反射蛍光X線分析、顕微ラマン分光、二次イオン質量分析などを駆使した元素、化学状態、同位体比分析法の高度化開発を行う。従事者化学
物理
 
J9原子力発電所のレベル3PRAに関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

放射線安全・防災研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
宗像 雅広
電話: 029-282-5815
E-mail:munakata.masahiro@jaea.go.jp
原子力発電所のレベル3PRAは、対象施設が有するリスクを周辺住民の健康影響や社会経済への影響の大きさとその発生の可能性を定量的に評価する手法であり、当グループでは確率論的環境影響評価コードOSCAARを開発している。本テーマでは、年間を通した気象条件や社会的な環境条件などの各種条件の違いが周辺住民に対する健康影響や地域の経済に及ぼす影響を確率論的手法によって評価する手法を検討する。非従事者物理
化学
数学
地球・環境
放射線
建築・土木
計算機・情報
 
J11原子力建屋や機器・配管の構造健全性評価法の高度化に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

構造健全性評価研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
李 銀生
電話: 029-282-6457
E-mail:li.yinsheng@jaea.go.jp
国内軽水炉の運転期間の長期化や従来の基準地震動を超える地震が発生したことを踏まえ、原子力施設建屋や機器・配管等を対象とした健全性評価法の高度化を進める。具体的には、下記のいずれか、またはこれに関連する研究を実施する。
・安全上重要な原子炉圧力容器や原子力配管等を対象に、数値解析や材料試験・破壊試験等を通じて、亀裂の進展や破壊を含めた欠陥評価手法、材料の高温特性や非線形特性を考慮した破壊評価手法の高度化に係る研究開発を実施する。
・原子力施設建屋や機器・配管等を対象に、耐震評価に関しては、評価対象モデルの3次元化や非線形特性の考慮等の評価手法の高度化に関する研究開発、または飛来物の衝突に対する影響評価手法の高度化等に係る研究開発を実施する。
非従事者建築・土木
機械
材料
応用物理
物理
計測・分析
計算機・情報
 
J12シビアアクシデントで生じる破損・溶融燃料の臨界評価・臨界管理に関する研究安全研究・防災支援部門
安全研究センター

臨界安全研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
外池 幸太郎
電話: 029-284-3792
E-mail:tonoike.kotaro@jaea.go.jp
福島事故のようにシビアアクシデントで大量の燃料デブリ(破損・溶融燃料)が生じた場合、その冷却と臨界管理の両立が事故対応として重要である。しかし、燃料デブリの性状や冷却水流路等の管理・制御が難しく、未臨界を担保することに困難を伴い、再臨界リスクの評価が必要となる。このリスク評価の精度向上に資するため、本研究では、燃料デブリの臨界量、動特性パラメータ等を解析的に取得するとともに、この解析手法を検証するための臨界実験を検討する。従事者物理
計算機・情報
応用物理
その他
 
J13エキゾチック原子核の核物理研究原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

重元素核科学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
西尾 勝久
電話: 029-282-5454
E-mail:nishio.katsuhisa@jaea.go.jp
超重元素や不安定原子核領域に着目した核物理の実験もしくは理論研究を行う。安定同位体から離れた原子核に着目し、原子核の構造、反応、核分裂等における新現象と新原理の発見を目指す。このため、実験では原子力機構および日本国内外の加速器施設を利用し、未知領域の原子核や重原子核を合成する。理論では、大型計算機を活用し、核構造や核分裂に対するより根源的な理解を追求する。従事者物理
数学
放射線
応用物理
計測・分析
計算機・情報
その他
 
J14超重元素の核化学的研究原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

重元素核科学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
塚田 和明
電話: 029-282-5491
E-mail:tsukada.kazuaki@jaea.go.jp
元素の周期表上で原子番号の上限に位置する超重元素の化学的性質をシングルアトムレベルで明らかにする。特に、重原子核と電子との相互作用で期待される価電子への相対論的効果の寄与を調べるため、シングルアトムでしか存在できない超重元素を対象とした新規分析手法の開発を行い、超重元素の価電子状態を、例えば、イオン化電位、スピン状態、イオン半径、酸化還元電位または化合物形成などの、化学的特性を測定することで明らかにする。
重元素核科学研究グループ
Project JAEA「103番元素(Lr)が解く 周期表のパズル ~あの周期表が書き換わる?~」
従事者化学
放射線
物理
計測・分析
応用化学
その他
 
J15J-PARCにおけるハドロン・原子核物理の理論的または実験的研究原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

ハドロン原子核物理研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
佐甲 博之
電話: 029-284-3828
E-mail:sako.hiroyuki@jaea.go.jp
J-PARCのハドロン研究に関連する理論または実験系研究者を募集する。
理論系:J-PARCにおけるハドロン・原子核物理プロジェクトに関連する理論分野の研究を主導的に進めるとともに、先端基礎研究センターにおける理論グループの国際連携活動推進の中心的役割を果たす理論研究。
実験系:将来のJ-PARC重イオン計画の高速データ収集系や検出器のR&Dを進めるとともに、グループで推進するJ-PARCのK中間子ビームライン、高運動量ビームライン、またはRHIC、LHC、およびKEKBにおけるハドロン・原子核実験のいずれかを推進する実験研究。
従事者物理 
J16重元素材料の電子物性研究原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

重元素材料物性研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
神戸 振作
電話: 029-284-3525
E-mail:kambe.shinsaku@jaea.go.jp
先端物性測定法を用いてf電子系の化合物の電子物性実験および理論研究を行う。特に低温での新奇な磁性と超伝導や薄膜物性の研究を行う。実験研究は、主に原科研の施設およびJ-PARCのMLF施設で行う。従事者物理
応用物理
材料
化学
 
J17スピン・エネルギー変換材料の理論研究原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

スピン‐エネルギー変換材料科学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
森 道康
029-284-3508
E-mail:mori.michiyasu@jaea.go.jp
第一原理計算を始め、様々な数値計算手法と、場の理論を駆使して、磁気および熱の輸送現象に関する理論研究を行う。そして、スピン熱電発電や磁性体をベースにした耐放射線デバイスへの応用を通じて、原子力発電のエネルギー効率および安全性の向上を目指す。非従事者物理 
J18スピンエネルギー変換材料に関する実験研究原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

スピン‐エネルギー変換材料科学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
森 道康
029-284-3508
E-mail:mori.michiyasu@jaea.go.jp
力学的運動や核スピンを用いた新たなスピン流生成・制御等のスピントロニクスに関連する研究や、核スピンと力学的運動との相互作用から現れる新規現象に関する研究等、スピンエネルギー変換材料に関する実験研究を行う。非従事者物理 
J19先端ビーム技術に基づくナノスケールの構造および物性研究 原子力科学研究部門
先端基礎研究センター

ナノスケール構造機能材料科学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
社本 真一
電話: 029-284-3521
E-mail:shamoto.shinichi@jaea.go.jp
単層膜からバルクまでの物質について、J-PARCなど加速器で得られる先端ビーム(中性子、陽電子およびミュオン)を駆使して、構造および物性の研究に取り組む。これまでの経験は問わないが、先端ビームによる研究に高い意欲を有する研究者を募る。従事者物理
化学
材料
応用物理
応用化学
計測・分析
 
J22中性子核データ高精度測定に係わる研究開発原子力科学研究部門
原子力基礎工学研究センター

核データ研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
木村 敦
電話: 029-282-5796
E-mail:kimura.atsushi04@jaea.go.jp
マイナーアクチニドや長寿命核分裂生成物などの中性子断面積は、放射性廃棄物にかかわる環境負荷低減技術開発において不可欠な基盤データであるが、測定が困難であるため要求精度と現在の測定精度には大きな開きがある。核データ研究グループでは、J-PARCの大強度パルス中性子源等を適用し、これら放射性核種の中性子断面積の高精度化を目指した研究を進めている。現在、J-PARCではビーム出力の増強を着々と進めているが、その性能を十分活用して高精度化を図るためには、高線量場における放射線測定及びデータ解析に関わる技術開発が必須である。本研究テーマでは、データ収集システムの高速化や散乱中性子によるバックグラウンド評価手法等について技術開発を行い、測定に適用することにより、断面積の精度向上とエネルギー範囲の拡大を図る。
核データ研究グループ 研究内容
従事者物理
計測・分析
放射線
 
J24原子炉格納容器における放射性物質挙動の研究原子力科学研究部門
原子力基礎工学研究センター

性能高度化技術開発グループ
茨城県東海村
(原科研)
逢坂 正彦
電話: 029-282-5922
E-mail:ohsaka.masahiko@jaea.go.jp
軽水炉シビアアクシデント時における原子炉格納容器での放射性物質の挙動把握は、環境へ放出される放射性物質の種類/量等の推定に不可欠である。本研究では、格納容器を模擬した体系において、主にエアロゾルの形状で存在する放射性物質の挙動を可視化し、壁等に沈着した放射性物質の性状を分析する実験を行う。さらに、熱流動及び化学挙動の解析コードを用いて放射性物質挙動の可視化結果や沈着物の性状分析結果を解析し、必要に応じ放射性物質の形成や沈着物の再蒸発/浮遊に係る要素実験・解析も行うなどして、様々な条件下(流体、水分、壁の表面状態等)における放射性物質の格納容器内での挙動を明らかにする。本研究はグループの研究員と連携して行う。従事者化学
物理
材料
化学工学
計測・分析
 
J27金属錯体の物性研究に立脚した放射性核種分離試薬の開発原子力科学研究部門
原子力基礎工学研究センター

放射化学研究グループ
茨城県東海村
(原科研)
渡邉 雅之
電話:029-282-5167
E-mail:watanabe.masayuki@jaea.go.jp
使用済み核燃料から発生する放射性廃棄物には、核分裂生成物(FP)として白金族元素や希土類元素等のd-ブロック、f-ブロック遷移金属が多数含まれている。これらの遷移金属を、より高性能で分離する試薬の開発に役立てるため、錯体生成挙動や錯体物性を各種分光法を駆使することで金属錯体の諸物性を明らかにする。応募者は、廃棄物中に含まれる非常に複雑化する遷移金属イオンの酸化還元や錯生成などの詳細な知見を有していることが必要である。従事者化学
物理
地球・環境
 
J28放射光X線分光によるアクチノイド関連物質の電子構造研究原子力科学研究部門
物質科学研究センター

電子構造物性研究グループ
兵庫県佐用町山上 浩志
電話: 0791-58-2607
E-mail:yamagami@cc.kyoto-su.ac.jp
ウラン化合物を初めとするアクチノイド化合物並びにその関連物質の物性の発現機構を明らかにすることを目的として、大型放射光施設SPring-8において放射光X線分光(軟X線角度分解光電子分光、軟X線磁気円二色性分光、硬X線光電子分光)実験による電子構造の研究を行う。さらにここでの電子状態解析技術を応用して福島環境回復研究や廃炉研究に電子状態・化学状態の分析の面から貢献する。上記の目的を推進するために、放射光ビームラインを利用したX線分光技術や実験環境の開発・高度化にも従事する。従事者物理
応用物理
材料
計測・分析
 
J29レーザーによる化学反応制御の研究原子力科学研究部門
物質科学研究センター

アクチノイド化学研究グループ
兵庫県佐用町横山 啓一
電話: 0791-58-0971
E-mail: yokoyama.keiichi@jaea.go.jp
再処理技術の革新的プロセス開発に資するため、極短パルスレーザーを用いた溶液中金属イオンの価数制御技術の可能性を探る。
ランタノイドなどのf電子系元素を対象にして、f−f遷移を利用した2光子励起による価数変化を観察し、光による元素選択的価数制御技術の基礎科学的知見を集積することを目指す。フェムト秒レーザー及び紫外可視吸収分光など分光分析技術を利用する。
従事者物理
化学
応用物理
 
J30飛行時間型中性子回折を利用した金属材料研究原子力科学研究部門
J-PARCセンター

物質・生命科学ディビジョン
中性子利用セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
ハルヨ ステファヌス
電話: 029-284-3266
E-mail:stefanus.harjo@j-parc.jp
J‐PARCセンターの物質・生命科学実験施設では、種々の工学材料の研究を行うことを目標とし、高分解能・高強度飛行時間型中性子回折装置(匠)が建設され運用中である。本テーマでは、匠を主として用いて、先端鉄鋼材料や先端軽金属材料の組織と力学特性及び機能特性との関係、加工熱処理中の組織変化と力学特性の関係を明らかにすることを目的とし、デジタル画像相関法と赤外線サーモグラフィの同時測定のその場中性子回折測定法を開発し、それを変形(室温・低温・高温)及び高温加工中に応用する。また、関連する研究項目についての研究支援も行う。従事者材料
機械
応用物理
物理
計測・分析
 
J31J-PARCリニアックの性能向上に関する研究原子力科学研究部門
J-PARCセンター

加速器ディビジョン
加速器第一セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
小栗 英知
電話: 029-284-3132
E-mail:oguri.hidetomo@jaea.go.jp
J-PARC陽子加速器では最大出力1MWを目指してビーム増強をすすめており、リニアックはその入射器になる。ビーム出力を増加させるためにはビームロスを低減させること、また、安定に運転するためには構成機器の長寿命化、及び故障予知診断が必要不可欠である。本研究では、J-PARCリニアックでの性能向上を目的とし、ビームロスを評価・低減するための診断機器などの開発やシミュレーションによる評価や実験的検証、または安定性の向上を目的としてイオン源などの有寿命機器の長寿命化や故障予知システム開発に関する研究を行う。従事者物理
放射線
応用物理
電気・電子
計測・分析
 
J33超伝導検出器による超高位置分解能中性子マイクロスコープ装置の開発原子力科学研究部門
J-PARCセンター

物質・生命科学ディビジョン
共通技術開発セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
相澤 一也
電話: 029-284-3703
E-mail:aizawa.kazuya@jaea.go.jp
J-PARC物質・生命科学実験施設大強度パルス中性子源を活用した、これまでにない中性子位置検出原理を用いた高速読出、高空間分解能特性を有する検出器を開発し、波長分散走査型透過中性子顕微鏡システムを確立し、物質・生命科学応用研究を行う。従事者計測・分析
放射線
電気・電子
応用物理
物理
 
J34中性子偏極用He-3フィルターの高度化及び利用研究原子力科学研究部門
J-PARCセンター

物質・生命科学ディビジョン
共通技術開発セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
奥 隆之
電話: 029-284-3196
E-mail: oku.takayuki@jaea.go.jp
J-PARC物質・生命科学実験施設における偏極中性子の生成・有効利用を目的として、スピン交換光ポンピング法に基づくHe-3ガス型中性子偏極フィルターの高性能化および多様化を図る。さらに、同偏極フィルター用の試料環境機器の開発を行い、パルス偏極中性子の利用研究を推進する。従事者物理
放射線
材料
応用物理
計測・分析
 
J35J-PARCを利用した加速器駆動核変換システムの核特性評価手法の高度化に関する研究原子力科学研究部門
J-PARCセンター

核変換ディビジョン 施設利用開発セクション
茨城県東海村
(J-PARC)
明午 伸一郎
電話: 029-284-3207
E-mail: meigo.shinichiro@jaea.go.jp
加速器を用いた長寿命放射性廃棄物の減容化・有害度低減のための研究開発を行うため、J-PARC核変換実験施設の一部として、400MeV-250kWの陽子ビームを鉛ビスマスターゲットに入射して陽子及び核反応で発生する高エネルギー中性子により材料照射を行う「ADSターゲット試験施設」の建設を計画している。本テーマでは、J-PARCの既存の陽子加速器を用いて、陽子・ヘリウム生成及びDPA断面積等の様々な核特性にかかる基礎データの測定を行い、核子・中間子輸送計算コード(PHITS)の比較検討により核反応モデルの高度化を行い、当該実験施設と実機加速器駆動核変換システム(ADS)の核特性の最適化に資する。
Project JAEA 「放射性廃棄物も分別で効率化」
分離変換技術の研究開発
従事者物理
放射線
材料
 
J37「ふげん」の実機材を活用した原子力施設の経年劣化及び保全技術に関する研究バックエンド研究開発部門
原子炉廃止措置研究開発センター

技術開発部 技術調査課
福井県敦賀市片野 好章
電話: 0770-26-1221
E-mail: katano.yoshiaki@jaea.go.jp
 原子力発電所の運転期間は、国の法律により約40年と定められ、国の審査を合格した原子力発電所については更に20年の延長が認められている。約25年の運転を終え廃止措置中のふげんの実機材を活用し、原子力施設のより長期の健全性の確保に資する経年劣化と保全技術に係る研究を実施する。具体的には原子力施設の運転中の耐食性、耐熱性、耐放射線性などに係る劣化事象について、ふげんのホットラボに導入した三次元アトムプローブ(3DAP、日本に数台のみ導入)、電子線後方散乱回折(EBSD) 、集束イオンビーム加工観察装置 (FIB) 、陽電子消滅測定装置などの最先端の分析機器と機械試験装置を用いた実機材の評価と、Phase Field法による微細組織の解析やABAQUS等による微視的な応力場の解析などのシミュレーション技術を駆使した機構論的な研究を推進する。本研究により経年劣化機構の解明と保全技術の改善を図り、原子力施設のより長期の健全性の向上に貢献する。従事者材料
計測・分析
物理
化学工学
計算機・情報
 
F8Cs汚染土壌の減容法開発と機構解明原子力科学研究部門
物質科学研究センター

アクチノイド化学研究グループ
兵庫県佐用町塩飽 秀啓
電話:0791-58-2615
E-mail:shiwaku@spring8.or.jp
東京電力福島第一原子力発電所の事故により環境へ放出された放射性物質は、主に放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)であり、事故当初から環境中の土壌に取り込まれ、膨大な汚染土壌を発生させている。この膨大な汚染土壌の減容法開発研究は、汚染土壌の30年後の県外搬出に向け、経済性、環境負荷低減、被ばく低減などを見据え、非常に重要なテーマの一つとなっている。本研究では、環境中の主に農地土壌(粘土鉱物を多く含む、風化黒雲母等)に吸着した放射性セシウム吸着機構解明について、放射光(SPring-8)を用いて構造解析を行うとともに減容化法の開発を目指し、福島の環境回復に貢献する。従事者化学
物理
地球・環境
化学工学
計測・分析
 
F9熱処理による汚染土壌からのセシウム除去および生成物の選択的形成に関する研究開発原子力科学研究部門
物質科学研究センター

放射光分析技術開発グループ
茨城県東海村
(原科研)
本田 充紀
電話:029-284-3928
E-mail:honda.mitsunori@jaea.go.jp
福島第一原子力発電所事故に伴い放出された大量の放射性セシウム(以下:Cs)の土壌からの除染は喫緊の課題である。放射能汚染土壌はCsが粘土鉱物に収着しているがその除染法は確立していない。我々はセシウムフリー鉱化法に基づいた熱処理による汚染土壌からのCs除去および生成物の選択的形成に関する研究開発を行っている。本研究では、熱処理による汚染土壌からのCs除去について、添加する塩試薬に依存した構造変化とCs除去率に関する系統的研究を実施する。また溶融塩電気化学法を用いた分離・回収では、電気化学反応槽内の溶融塩に対し、電位操作による析出実験を実施する。熱処理および電気化学処理法後の生成物については、蛍光X線分析、X線回折法やX線吸収分光法による構造解析や化学状態分析を行う。従事者地球・環境
放射線
物理
化学
材料
 

PAGETOP↑