国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構|採用情報

楢葉遠隔技術開発センター利用促進のための産学連携コーディネータ募集要項

募集は終了しました

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構福島研究開発部門において、企業等の産業界及び大学等の研究機関による楢葉遠隔技術開発センターに係る研究開発設備等の利活用を促進する産学連携コーディネータを以下の要領で公募いたします。

募集人員 楢葉遠隔技術開発センター 産学連携コーディネータ 2名
業務内容、勤務地
  • (1)業務内容
    ①楢葉遠隔技術開発センターの研究開発設備について利用促進を図るための企業等の産業界及び大学等の研究機関への紹介、その利用の誘致並びにそのための調整など。
    ②楢葉遠隔技術開発センターに係る研究開発成果の実用化等に関する機構職員等への助言、指導など。
  • (2)勤務地(採用時予定)
    国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 東京事務所
    又は楢葉遠隔技術開発センター
応募資格
  • (1)研究開発成果及び研究開発施設の利活用に関する知識を有し、コーディネート又はそれに関連する業務の実務経験を5年以上有している方。
  • (2)研究開発成果及び研究開発施設について、企業等の産業界及び大学等の研究機関とのコミュニケーションを円滑にして、具体的な利活用の促進を図れる知識、実経験を持つ方で、企業等の産業界、大学等の研究機関とのマッチングやコーディネートの成功事例を提示できる方。
就業条件
  • (1)勤務形態:
    非常勤(10日程度/月、応相談)
  • (2)就業時間:
    9:00~17:30
  • (3)休日・休暇:
    土、日、祝日、年末年始等
  • (4)契約期間:
    1年間(平成29年5月16日~平成30年5月15日)
    ※優れた業績を挙げた者は1年毎の評価により4回まで契約更新が可能
  • (5)謝金:
    経験・能力などを考慮して決定 (25,000円程度/日)
  • (6)交通費:
    旅費規程に基づき支給
提出書類
  • (1)履歴書(当機構指定の様式を使用すること。)(PDFWORD
  • (2)主な業務業績の概要(様式は任意とし、A4用紙5枚以内に纏めること。)
  • (3)「産学連携コーティネータとしてどのように活動したいか」
    (様式は任意とし、A4用紙1枚以内に纏めること。)
  • (4)照会可能な方2名の氏名及び連絡先
書類提出締切日 平成29年3月31日(金)必着
書類提出先 〒319-1184 茨城県那珂郡東海村大字舟石川765番地1
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 人事部 人事課
〔封筒に「産学連携コーディネータ応募書類」を朱書きで明記すること〕
書類審査 提出された応募書類について審査の上、採用試験受験者を決定します。書類審査の結果は、文書により通知します。応募書類は返却いたしませんので了承ください。
採用試験
  • (1)業績審査(パワーポイント又はOHPを使用した口頭発表と質疑応答)
  • (2)面接試験
採用試験日 書類審査に合格した方については、業績審査等を平成29年4月中旬頃に予定しています。
採用試験会場(予定) 東京都千代田区内幸町2-2-2富国生命ビル
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 東京事務所
採用試験結果 採用試験終了後、速やかに文書により通知します。
採用時期(予定) 原則として、平成29年5月16日
旅費の支給 採用試験の際には、当機構の規定に基づき採用試験後に銀行振込み等で旅費を支給します。
問い合わせ先
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 人事部 人事課
産学連携コーディネータ担当
TEL:029-282-1122 FAX:029-283-4701
e-mail:jinji-saiyo@jaea.go.jp
(募集分野の問い合わせ先)
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 福島研究開発部門 企画調整室
室長 船坂 英之
TEL:03-3592-2364
e-mail:funasaka.hideyuki@jaea.go.jp
留意事項
  • (1)採用試験に進まれた方には、別途健康診断書(身長、体重、視力、検尿、胸部X線撮影に係る内容が記載されたもので6カ月以内のもの)を提出していただきます。
  • (2)日本国籍を有していない場合は、採用予定日までに日本国内における当機構で就労するために必要な在留資格を取得してください。
個人情報の取扱い

提出頂いた個人情報は採用選考のために利用します。採用が決定した方の個人情報については、引き続き採用後の雇用管理のために利用します。その他の方の個人情報は提出して頂いてから1年を経過した時点で破棄します。

PAGETOP↑