• 小
    • 中
    • 大

令和3年度 機構事業及び萌芽研究開発成果報告会

令和3年9月28日(火)に令和3年度 機構事業及び萌芽研究開発成果報告会をオンラインにて開催いたしました。

当日のオンライン(Zoom)開催時には、51名の方にご参加をいただきました。
ありがとうございました。

当日の配信映像について、下記のとおりご案内いたします。ぜひご覧ください。

開会挨拶

理事長 児玉 敏雄

寄附金募集結果報告

理事 須藤 憲司

【第一部】 機構事業報告

今後の原子力機構の事業概要

経営企画部長 門馬 利行

安全性に優れる高温ガス炉と多様な産業利用に向けた熱利用技術の研究開発

高速炉・新型炉研究開発部門 大洗研究所 高温ガス炉研究開発センター
水素・熱利用研究開発部長 久保 真治

福島の環境回復に向けた研究開発

福島研究開発部門 福島研究開発拠点 廃炉環境国際共同研究センター
環境モニタリングディビジョン 統合解析グループリーダー 中西 貴宏

【第二部】 萌芽研究開発成果報告

原子力機構における萌芽研究開発制度の意義

原子力科学研究部門 原子力科学研究所
先端基礎研究センター長 岡 眞

半導体スイッチ電源の確立を目的とした
特性インピーダンスのマッチング手法の開発

原子力科学研究部門 J-PARCセンター
加速器ディビジョン 加速器第二セクション研究主幹 高柳 智弘

閉会挨拶

副理事長 伊藤 洋一
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.