ロゴ
トップページ > もんじゅのご紹介 >センター長あいさつ
センター長あいさつ

 もんじゅ運営計画・研究開発センターのホームページへアクセス頂きありがとうございます。センター長の家田芳明です。

 当センターは、「もんじゅ」と協働して高速炉の実用化に向けた研究開発を行う使命を担い、「もんじゅ」プロジェクトの推進に取り組んできた訳ですが、平成28年12月21日の原子力関係閣僚会議において、「もんじゅについては様々な不確実性の伴う原子炉としての運転再開はせず、今後、廃止措置に移行する」との方針が出されました。この方針は、当センターにとって極めて残念なものであり、 「もんじゅ」プロジェクトの責任者の一人として、これまで「もんじゅ」へのご理解とご支援をいただいてきた皆様に対し、心よりお詫び申し上げます。

 その一方で、高速炉サイクルの研究開発の継続と、それへの「もんじゅ」での知見の活用は引き続き求められています。したがって、当センターの果たす役割、進めていく業務は、これまでと基本的に変わるものではありません。しかし、この機会に、私達は高速炉の実用化に向けた研究開発を行う使命を担っているとの原点に立ち返り、「もんじゅ」から如何に多くの知見を引き出していくか、また、私達の有するインフラや人材を活かして、高速炉の実用化に向けてどのような研究開発を実施していくべきか、ここを新たなスタートとして、改めて前向きに知恵を絞っていきます。

 資源の乏しい我が国にとって、エネルギーの安定確保は国民生活と産業活動に欠かせないものであると認識しており、高速炉は、超長期にわたる我が国のエネルギーの安定供給と放射性廃棄物の減容化を可能とする技術であり、将来のエネルギーオプションの一つとして着実に研究開発を進める必要があると考えています。

 私達は、「もんじゅ」に加え、大洗研究開発センター、核燃料サイクル工学研究所等とも連携し、研究開発活動を進めていきます。このような活動を進めるに当たっては、地域の皆様をはじめとする国民の方々に私どもの活動をご理解いただき、信頼をいただくことが大前提です。当センターの運営におきましては、安全確保を徹底するとともに、情報発信を積極的に行い、地域の皆様との共生に努めてまいります。

 今後とも皆様のご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

 平成29年2月
もんじゅ運営計画・研究開発センター長