研究・開発
レーザー溶断・破砕プロセスに対する適応制御技術の研究開発
レーザー加工プロセス評価用計算科学シミュレーションコードSPLICEの研究開発
「ふくいスマートデコミッショニング技術実証拠点整備」に関する研究開発
「ワンチップ光制御デバイスによる革新的オプト産業の創出」に関する研究開発
原子炉などの高温プラントのモニタリングに関する研究開発
遠隔操作可能な配管内壁のレーザー加工装置に関する研究開発
汚染表面の非接触クリーニング・遠隔分析に関する研究開発


レーザー溶断・破砕プロセスに関する適応制御技術の研究開発

 公益財団法人若狭湾エネルギー研究センター他との共同研究を通じ、高出力ファイバーレーザーを用いた原子炉解体技術の開発を進めています。 本研究所ではその一環として、レーザー光を用いた厚板溶断技術の高度化研究を行っています。
レーザー溶断適用制御システムの開発
 対象物の材質や板厚が変化した場合でも、溶断性能を常に適切な状態に維持するための適応制御システムの確立に向けて、 レーザー溶断性能評価試験を通じて制御性能の評価を行っています。
レーザー溶断適応制御模式図 レーザー溶断適応制御実験映像
レーザー溶断適応制御模式図と実験映像
レーザー溶断適応トレンドグラフ
レーザー溶断適応 制御ありの場合と制御なしの場合の
光温度計の出力信号のVrms/Vmeanと加工条件のトレンドグラフ
 ページのトップへ戻る