top
4.1 世界中の国々が高速増殖炉開発から撤退しているのに、なぜ、日本だけが開発を進めるのか?
(ご回答)
 高速増殖炉技術は、長期的なエネルギー安定供給と地球温暖化対策に貢献するだけでなく、原子力産業の発展にも貢献することから、現在、世界の原子力先進国であるフランスやロシア、日本と同様に資源を持たない韓国では、高速増殖炉の早期実用化に向けた研究開発を加速させています。
 欧州の国々も欧州連合の活動を通じて高速増殖炉の技術開発を再開させつつあります。さらに、エネルギー供給の急速な拡大を目指すインド、中国では、これまでの開発実績は少ないものの、高速増殖炉の早期実用化に向けて研究開発を加速させています。
 しかしながら、将来の高速増殖炉が備えるべき高い安全性、核不拡散性を達成していくためには、これまでの開発経験を有する日本がフランス、米国等と協力し、安全性をはじめとする設計のクライテリア(基準)を提案するとともに、既存技術にこれまで研究されてきた新しい技術を加えて安全性、信頼性、経済性に優れ、核不拡散性に配慮した高速増殖炉の姿を提示し、世界をリードしていく必要があります。
 したがって、日本は、この開発を遅らせることなく、技術の成立性を見極め、2025年頃には実証炉を実現し世界へ提案していく必要があります。





























Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.