top
1.1 なぜ高速増殖炉の研究開発が必要か?-詳細-
 エネルギー資源に乏しい我が国においては、長期的なエネルギー安定供給の確保は国の存立基盤をなす重要な課題です。また、エネルギーの安定供給と地球温暖化対策の両立も重要な課題です。
 高速増殖炉は、発電過程において二酸化炭素を排出しないという原子力発電の特性を持っているうえに、発電しながら消費した燃料以上の燃料を生産することができます。これまで通りの軽水炉の利用では、ウランが潜在的に持つエネルギーの0.5%しか使えませんが、プルサーマル利用によって0.75%を利用できるようになります。さらに、高速増殖炉は、その能力を最大限活かすことができ、ウランが潜在的に持つエネルギーの60%程度を取出すことができます。これによりウラン資源の利用効率を飛躍的に高め、我が国のエネルギー安定供給に大きく貢献できます。また、高速増殖炉は、高レベル放射性廃棄物中に長期に残留する放射性の核種を効率的に燃焼できるため、核燃料サイクルの中にその核種を閉じ込め、高レベル放射性廃棄物の発生量等を低減し環境負荷を現行よりさらに低減させる可能性を有しています。エネルギー安定供給と環境保全の両立のためには高速増殖炉サイクルの開発が必要であり、国と民間はオールジャパン体制でその開発を進めています。

・原子力政策大綱(平成17年10月14日閣議決定)
・日本のエネルギー2009(経済産業省資源エネルギー庁)


図1-1
図1.1 エネルギー資源と地球環境問題の解決に向けた高速増殖炉サイクル技術の開発