JAEA
震度とマグニチュード
震度とマグニチュードの違い

地震が起きると「マグニチュード4、○○地方は震度3、、、」などとテレビで放送されますが、震度とマグニチュードはどう違うのでしょうか。
震度は場所によって大きい、小さいの差が発生しますが、マグニチュードは地震そのものの大きさを表す単位なので1つしかありません。 震度は震度計という地震の大きさを測定する機械で計測します。 マグニチュードは震源の深さや震央からの距離に関係なく、地震の大きさがわかるように地震波の振幅(*1)や周期などから割り出されます。
(*1)振幅(しんぷく)=止まっている位置から一番たくさん揺れたところまでの幅

東濃地科学センター