Englishサイトマップ原子力機構トップページ

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

地層処分技術に関する研究開発

 地層処分放射化学研究施設 —QUALITY—

地層処分放射化学研究施設/試験・研究設備

この施設には、地下数100メートルより深い地層中で想定される化学的環境条件を実現できる雰囲気制御グローブボックス設備を備えています。また、本施設には、ごくわずかな放射性物質が付着した岩石などや放射性物質が溶け込んだ溶液などを観察し、分析するための高性能な分析機器を設置しています。

このような施設は世界的に見ても例が少なく、本施設は今後国内の研究機関との協力において重要な役割を果たすことが期待されます


QUALITYの外観

地層処分放射化学研究施設の外観


地層処分放射化学研究施設の役割

高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)が人間に影響を与えないようにすることが基本的概念となります。

QUALITYの役割

高レベル放射性廃棄物の地層処分研究開発の展開とクオリティの役割

地層処分放射化学研究施設における研究の着眼点

地下深部の地下水は、酸素がほとんど溶けておらず、地表の水や我々の身近にある浅い地中の地下水とは大きく異なる性質を持っています。地層処分の安全性を確かめるためには、このような地下深部の環境下での放射性物質の化学的な特性や移行に関する様々な挙動を把握する必要があります。

  • 高レベル放射性廃棄物中の放射性物質はどのくらい地下水に溶けるのでしょうか?
  • 人工バリアや岩石(天然バリア)は地下水中に溶けた放射性物質をどれだけ収着する能力があるのでしょうか?
  • 人工バリアや岩石(天然バリア)は地下水中に溶けた放射性物質が拡がるのをどのように遅らせるのでしょうか?

»次へ

»研究開発の拠点・施設・設備へもどる