Englishサイトマップ原子力機構トップページ

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

地層処分技術に関する研究開発

 外部専門家による委員会

地層処分技術に関する研究開発について評価等を実施するために、次の委員会を設置しています。

外部専門家による評価体制
地層処分研究開発・評価委員会
深地層の研究施設計画検討委員会

過去の委員会については、コチラ をご覧下さい。

地層処分研究開発・評価委員会

【設置目的】
研究開発課題の評価を実施するとともに、研究開発に関する事項について討議する。

【所掌業務】

  • 研究開発課題の評価について、理事長の指示に基づく部門長等の諮問に応じて審議し、部門長等に答申する。
  • 研究の方向性等について、部門長等の諮問に応じて審議し、部門長等に答申する。
  • 前2項に掲げる事項について、部門長等に意見具申することができる。

→会議資料はこちら(H27年度~)
→会議資料はこちら(~H26年度)
→これまでの課題評価報告書  (H30年度)  (H26年度)  (H21年度

深地層の研究施設計画検討委員会

【設置目的】
北海道幌延町で進めている幌延深地層研究計画における研究開発について審議検討をして頂き、客観的な評価を得て計画に反映し、優れた成果を効率的に得て、これを処分事業や安全規制等に時宜よく反映していく。また、岐阜県瑞浪市で進めている超深地層研究所計画における坑道の埋め戻し等の作業と環境モニタリングに関する状況を報告し、成果のとりまとめやモニタリングデータ等に関する助言を得る。

【所掌業務】
以下の事項について技術的検討及び助言を行う。

  • 幌延深地層研究計画に関わる研究開発に関する事項

以下の事項について助言を行う。

  • 瑞浪の超深地層研究所計画における坑道の埋め戻し等の作業と環境モニタリングに関わる成果の取りまとめやモニタリングデータ等に関する事項

→会議資料はこちら(H27年度~)
→会議資料はこちら(~H26年度)