Englishサイトマップ原子力機構トップページ

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

地層処分技術に関する研究開発

高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する知識基盤の構築
—平成17年取りまとめ—

地層処分技術の知識化と管理

地層処分技術の知識化と管理

2005年9月22日
PDF:10.1MB


目次

1. はじめに

1.1 第2次取りまとめ以降の研究開発方針

1.2 サイクル機構の研究開発計画

1.2.1 全体計画の作成

1.2.2 全体計画に沿った研究開発の実施

1.3 H17取りまとめの位置づけと構成

1.4 本書の目的と構成

参考文献

2. 地層処分技術の知識化

2.1 地層処分の技術的特徴

2.1.1 多重バリアシステムに基づく受動的な安全系

2.1.2 地層処分の安全評価と不確実性

2.2 地層処分計画の進め方

2.2.1 段階的なアプローチと意思決定

2.2.2 セーフティケースの一般概念

2.2.3 研究開発の役割

2.3 知識としての地層処分技術

2.3.1 わが国における技術的蓄積

2.3.2 意思決定のための知識の役割

2.4 まとめ

参考文献

3. 知識ベースの開発

3.1 セーフティケース概念に沿った知識ベースの開発

3.2 わが国の地層処分計画にみるセーフティケースの目的と文脈及び安全確保構想

3.3 安全評価基盤に関する知識

3.3.1 システム概念に関する知識

3.3.2 システム安全性に関する科学技術情報と理解に関する知識

3.3.3 システム性能の評価手法,モデル,計算機コード,データ

3.4 証拠,解析及び論拠に関する知識

3.5 セーフティケースへの統合化に関する知識

3.6 まとめ

参考文献

4. まとめと今後の方向性

»高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する知識基盤の構築—平成17年取りまとめ—へ