お問合せ

  • アクセス
  • お問合せ

研究開発の紹介Research and development

CDAにおける事象進展の評価

高速炉の安全性を評価する上で、CDAを想定しても、損傷炉心物質が炉容器内に閉じ込められること(In-Vessel Retention:IVRの成立)を示す必要があります。

●IVR成立のポイント
・炉心損傷時に機械的エネルギが発生しても炉容器内に格納できるか?
・最終的に再配置された損傷炉心物質を安定に冷却保持できるか?

典型的な高速炉におけるCDAの事象進展

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Rights Reserved.